日本から直行便にて約5時間程でアクセスできるセブ島。透明度の高い海と緑豊かな大自然を兼ね備えたセブ島は年々話題となり、日本人からも注目されている人気渡航先です。

日本から気軽にアクセスできることから、急な休みを利用して弾丸ひとり旅をする方もよくいます。今回初めてひとり旅をする方は治安やひとりでの過ごし方など沢山の疑問や不安があるでしょう。

ここでは、「セブ島ひとり旅で何したらいいの?」「ひとりでも楽しめるところあるの?」そう思っている方にぴったりなおすすめのひとり旅の過ごし方と安全に過ごすためのポイントをご紹介していきます。

(以下1ペソ=2,11円 2020年5月現在)

セブ島ひとり旅は危険?

写真

セブの治安概要

セブ島のフィリピン人は観光客や留学生慣れしているので、我々日本人にも優しく接してくれます。旅は比較的しやすいでしょう。ネットには治安の悪いイメージで書かれていることも多いセブ島。実際にセブ島を訪れるとそのイメージが一転する方もいます。

ですが「全然平気!」と気を抜いてはいけません。フィリピンは今も尚、スリや麻薬問題などの犯罪が数多くある国。地域によっては犯罪が多発しやすいところもあります。常に緊張感を持って油断しないようにしましょう。

移動にはタクシーなどを利用したり、カバンを前に持ったり、自分でできる範囲の工夫をすることが大切です。

女性ひとりでも大丈夫?

セブ島には女性ひとりで旅行に訪れる方も沢山います。そこで気をつけてほしいことは、安易に現地の人を信用してついて行かないこと。フィリピン人は日本人や韓国人女性たちが好きなので観光していると沢山のフィリピン人たちが話しかけてきます。

もちろんいい人が大半ですが、日本人女性を狙った悪い人たちも沢山いるので話しかけてくる人には十分に気をつけましょう。

悪い考えがあって近づいてくる人たちは日本人がはっきり「NO」と言うことを苦手としていることもわかっています。嫌なときや、勧誘の誘いに気持ちが乗らないときは「NO」とはっきり断りましょう

セブ島ひとり旅のおすすめの過ごし方

タオル

ビーチで過ごす

セブシティからタクシーで約1時間の所にあるリゾートエリア、マクタン島には安く利用できるローカルビーチや、ホテルについているプライベートビーチがあります。

人が少ないのはローカルビーチ。観光客が少なく、現地の人たちが多い印象です。平日はローカルビーチもプライベートビーチも人が少ないので、ゆっくりしたい方には平日を狙って行くことがおすすめです。

ホテルのデイユース

リゾートエリアのマクタン島にはお洒落なプールやプライベートビーチがついた豪華なホテルが並んでいます。宿泊すると高価な値段になりますが、デイユースは割安な値段でホテル内の施設を利用することができます。相場は約750ペソ〜約3,000ペソ(約1,580円〜約6,330円)。

1泊何万円もする豪華ホテルの施設を数千円で利用できるのは魅力的です。ゴージャスにリッチな気分を味わいたい方にはピッタリ。設備が充実しているので1日時間を使ってゆっくりできるでしょう。

ショッピングモールでお買い物

セブシティには沢山のショッピングモールがあり、その数は今も増え続けています。数だけではなく、その広さは迷子になるほどです。1日をショッピングする時間に当てても十分楽しめるでしょう。

地元のスーパーマーケットに行くと現地の様子が伺えたり、その国オリジナルのスナック類が安く手に入ります。お土産を安く大量に買いたい方はスーパーマーケットに行くのもおすすめです。大きなショッピングモールにはATMや両替所もあるので思いっきりショッピングが可能です!

スパで疲れを癒す

セブ島やリゾートエリアとして有名なマクタン島はマッサージ店が競い合うように並んでいます。どこに行けば悩んでしまうほど。

安くてチェーン店であれば約450ペソ〜(約950円〜)から全身オイルマッサージを平均で1時間半ほどしてもらえます。

高級スパに行けば最大3時間コースでガッツリ頭から爪先までじっくりほぐしてくれます。日本で高くて中々行けないスパも、セブ島では自分の予算に合わせて比較的安く施術を受けられます

観光客が行かないような場所にある安いマッサージ店などは金銭トラブルやスリを避けるためにも行かないようにしましょう。

現地ツアーに参加

「セブ島 現地ツアー」で検索すると山ほどでてくる現地のオプショナルツアー。1人から催行できる現地ツアーも沢山あります。

ひとりで観光地に行くのは予期せぬトラブルも考えられますし、現地の交通機関を使うことは安全ともいい切れません。現地ツアーに申し込むことで安全性がグンと上がり、日本語で案内してくれる安心感があります。

そしてセブ島には現地ならではの希少な生き物や美しい自然に触れられる魅力的なツアーが豊富。ツアーに参加することで1日が充実したものになるはずです。

セブ島ひとり旅の予算

コイン

ホテル、飛行機の予算

今は格安のLCC便が数多く利用できるおかげで往復約3万円からセブ島へアクセスできます(時期によって価格の変動有)。

LCC便のセブパシフィックやバニラエアは直行便がありますが地方からの出発はありません。多くの場合はどこかの国を経由していくことが多いですので待ち時間が10時間あることも多々。ただ安くセブ島に行きたい方はおすすめです!

宿泊先はリゾート地の人気ホテルの相場が1泊で約2万円〜約8.9万円。ゲストハウスの相場は1泊で約1,000円〜。もっと安い宿もありますが安全性が低い可能性有り。

食事の予算

物価が安いフィリピン。ローカルな食堂はかなり食べても1人約200円以内。外国人向けの綺麗なカフェのコーヒーは約200円〜。

人気な海沿いのランタウレストラン、マリバゴグリルレストランは多くみても1人で4,000円ほどあれば余裕を持って注文できます。

朝はホテルの朝食を摂る方が多いと思うのでそれを含めて考えると2泊で12,000円〜あれば不自由なく食事ができるかと思われます。

現地ツアーの予算

丸1日現地ツアーに参加すると行き先にもよりますが約8,000円〜約2万円の価格で種類豊富なツアーに参加できます。スケジュールが未定で何らかの現地ツアーに参加を考えている方は余分に1人につき最大2万円あるといいでしょう。

お土産の予算

定番の7Dドライマンゴーは約190円、バナナチップスは約100円、その他ばらまき用のスナック類は約20円〜約100円で大量に買えます。

セブらしい貝殻でできたコースターは約300円、ミサンガ類は3つで約100円、セブTシャツは約300円〜。大量にお土産を買うことを想定して8,000円あれば充分に買い物ができるでしょう。スーパーマーケットに行くと安い値段で充分に食べ物のお土産が買えます。

セブ島ひとり旅で効率よく移動する方法

運転

タクシーチャーター

セブ島では、相場約2,000ペソ程(約4,220円)でタクシーチャーターが可能です。

ローカルを味わいたい方はバイクタクシーをチャーターするのもいいでしょう。バイクタクシーの場合は普通のタクシーのチャーター代より安くなると思ってください。相場は大体約1,000ペソ〜約1,500ペソ程(約1,220円〜約3,160円)。

ぼったくってくるかもしれない相手に神経を使って、毎回値段交渉するのはかなり面倒です。思い切ってチャーターして1日専属ドライバーになってもらうのも、ストレスなく旅するひとつの手。チャーターの交渉は直接ドライバーにし、決まった料金は必ず最後に払いましょう

チャーターをして観光する人はよくいるのでドライバーに「One day charter」と言えばすぐ伝わります。

運転手付きレンタカー

節約よりも安全性に気を使いたい方は運転手付きレンタカー。現地ツアーや旅行会社を通して手配できます。多少値段は張りますが、6時間◯◯円、8時間◯◯円、シティツアー◯◯円と決まってるのでぼったくられる心配がありません。

もしトラブルがあった場合にもツアー会社がサポートしてくれるでしょう。手配する会社によって値段は違いますが、8時間レンタルだと約5,000ペソ(約10,550円)あたりが相場ではないでしょうか。

セブ島ひとり旅で行けるおすすめ観光スポット3選

プールサイド

ジンベイザメを見る

セブ島といえばジンベイザメというくらい大人気のツアー。小舟に沢山の人と乗り合わせてサメのポイントへ行くので1人でも参加できます。

現地にはひとり旅で来ている人も沢山いるので安心できると思います。セブ島で圧倒的に人気の高いジンベイザメのツアー。その迫力に満足度も断トツで高く「来てよかった!」と行った人が口をそろえる魅力的な観光スポットです。

専用車チャーターで市内観光

意外と市内の人気ポイントは距離があるので思い切って車を1日チャーターするのも手。ストレスなく一気に見どころを制覇できるでしょう。

市内付近には大きなショッピングモールや、ローカルな雰囲気が漂う巨大マーケット、歴史を感じられる美しいサンペドロ教会など自力で回るのが大変なぐらい人気のスポットが並ぶエリア。車をチャーターすることでサクッと制覇も夢ではありません。

ウミガメに出会えるモアルボアル

ホワイトサンドと透明度が高い海で有名なモアルボアル。モアルボアルもひとり旅の方に人気な観光地のひとつ。ビーチでゆっくりしたり、海ガメやイワシの大群と泳いだり周りの人を気にせずリラックスできる天国のような場所です。

周辺には安くておしゃれなゲストハウスも沢山あるんだとか。

ひとり旅にはゲストハウスがおすすめ

ココナッツ

ゲストハウスのメリット

ひとり旅におすすめの宿がゲストハウス 。その魅力は格安だけではなく、人と人が繋がれることです。

ゲストハウスの宿泊者の大半はひとり旅の方。そこでの交流をきっかけに一緒に現地ツアーへ参加したり、食事をしたり、ゲストハウスでの出会いが一生のご縁につながることも。どこか寂しかったひとり旅、不安だったひとり旅が一瞬で賑やかになるでしょう。

日本人経営のゲストハウスを選ぶと旅に役立つ情報も共有してくれます。そして旅の醍醐味は現地の出会い。ゲストハウスはあなたの旅をより充実したものにしてくれるはずです。

ゲストハウスのデメリット

高級感やリゾート気分を味わいたい方は向いていません。中にはプールがついた立派なゲストハウスもありますが、リゾートを求めている方はそれなりのホテルに滞在しましょう。

また、日本人の経営ゲストハウスは特に日本人が集まり日本語が常に飛び交う場所なので安心感はありますが、外国感は感じられにくいというデメリットがあります。

ゲストハウス和(のどか)が心地よかった

のどか

セブ・マンダウエ市のASフォーチュナ通りにある日本人経営のゲストハウス 。日本人はもちろん沢山の国籍の方が多く利用しています。

格安ゲストハウスなのにお洒落なジャグジーやプールもついていてのんびり過ごせます。立地のいいマンダウエに所在するので市内へのアクセスもよく、ゲストハウスの周りにはコンビニやフィリピンのファーストフード店ジョリビーがあり不自由なく過ごせました。

日本人オーナーだということもあり、スタッフも日本語が少しわかるのでその点安心できると思います。

基本情報

  • 名称:ゲストハウス和(のどか)
  • 住所:309 AS Fortuna St, Mandate City ,6014 Cebu
  • アクセス:空港からタクシーで50分。空港への有料送迎サービスあり。
  • 電話番号:日本受付 0120-901-114、現地受付 (+63)032-415-7680
  • 公式サイト:https://www.facebook.com/guesthousenodoka/

セブ島ひとり旅を安全に過ごすために

財布

夜遅くの外出を控える

夜遅くの外出は控えましょう。とはいえ夜の繁華街を旅の楽しみのひとつにしている人もいると思います。現地ガイドと一緒に行動したり細い路地を避けたりすることで安全性も上がるでしょう。

フィリピンでの犯罪は夜から早朝にかけて多く発生するので十分に気をつけて下さい。現地の人も遅い時間は滅多に出歩きません。緊張感は常に持っていましょう。

必要以上の現金を持ち歩かない

フィリピンでは観光客を狙った犯罪も多くあります。フィリピンで忘れたもの、落としたものは戻らない覚悟をしておきましょう。特にお財布には必要以上の現金を入れない、クレジットカードは別にするなど財布が万が一なくなっても最小の被害におさまるようにしましょう。

派手な服装をしていると狙われやすいので高価なアクセサリーや身の回り品を身につけて出歩くのは避けましょう。

よくある揉め事に注意

観光客と現地の人の間で起こる揉め事は断トツで金銭トラブルが多いです。値段交渉で成立した値段とは違う値段を申し付けてきたり、明らかにぼったくりをしてきたり変な言いがかりをつけてくる人も中にはいます。

つい言い合いになってしまう状況も気持ちは分かりますが、ここでは現地に慣れていない外国人だということを忘れてはいけません。100%悪いのにも関わらず警察が現地の人と手を組みお金を請求される事件もあります。

少し多めに払ってその場が解決することもあります。ときによっては諦めも必要です。

値段交渉は日本には滅多にない光景。文化の違いと思って値段交渉も笑顔で楽しむことで「やっぱり◯◯ペソでいいぜ!」とすんなり値下げしてくれることも。

セブ島ひとり旅での注意点

空港

スリ、ひったくり

スリやひったくりはストリートチルドレンの小さな子どもですら犯す犯罪。犯人は大人だけではありません。

常に身に迫ることが考えられる身近な犯罪ですのでどこへ行くにもカバンは前掛けにしましょう。ズボンのポケットには財布や携帯は入れないようにしてください。

相手が子供の場合は、目の高さにあるズボンのポケットにはすぐ目がいきます。子どもでもプロなので油断は禁物。

ぼったくり

ぼったくりは観光客が被害に遭う軽犯罪の中でも一番多いです。例えば1つ何十ペソ(100円未満)で購入できるヤシの実のジュースを500ペソ(1,000円以上)で売ってきたり、ほんの少しのタクシー移動に割高の値段を言いつけられたりなどです。

ぼったくることを考えていないタクシードライバーは必ずメーターを使用してくれます。乗車前に高価な値段を言うドライバーはぼったくってくると思っていいでしょう(ただし個人でタクシーチャーターをする場合は交渉が必要)。

トランプ詐欺

少し昔に多くの日本人が被害にあったトランプ詐欺。お金をかけたトランプゲームに誘われて裏で細工され大負けし、お金をごっそり取られてしまいます。主に東南アジアでよくある手口です。

今は被害にあった多くの人がその経験をネット上に残してるので知っている人も多いでしょう。ですが実際に現在もなおトランプ詐欺の被害者が多くいます。現地の人と遊ぶ際は一切の賭け事をしないようにしましょう。

まとめ〜緊張感を忘れずに旅を楽しもう〜

海外旅行っていつも行けるわけではない特別な行事ですよね。そのせいか、気持ちが開放的になりすぎてスリなどの被害にあったり大事な忘れ物をして二度と戻らなかったり。そんなことは茶飯事です。

ここは安全な日本ではないことを忘れずに、ひとり旅の際は常に緊張感を持って行動しましょう。何があってもおかしくありません。それはフィリピンだけではなく、すべての国で言えることですね。

セブ島はひとり旅でも存分に楽しめる渡航先。自然の中でのアクティビティや、歴史を学べる建造物、心安らぐリゾート地など訪れた人を魅了するものばかり。

始めは不安なひとり旅もいつの間にかフィリピン人の陽気さや温かさ、そして壮大な自然の美しさに不安な心もいつの間にか満たされてることでしょう。自由気ままなひとり旅、思う存分楽しんで下さい!