リゾート地や語学留学先として日本人にも人気のフィリピンのセブ島。首都マニラに次いで第二の規模を誇る都市です。しかしそんな大都市でも、インフラ整備については日本と比べてまだまだ不十分な点が多いのも事実。中でも気になるのがトイレ事情ではないでしょうか。

今回は、そんなセブ島のトイレ使用についての注意点をまとめています。旅行や生活にあたって現地で戸惑うことがないよう、事前にしっかり確認してみてくださいね。

セブ島のトイレは「CR」

トレイ

フィリピンでは英語が公用語の一つとなっており、英会話に困ることはありません。ただし、注意したいのがトイレの呼び方です。

一般的にはRestroomですが、フィリピンでは「CR」と呼ばれています。これはComfort Roomの略称。トイレの表示を探す際には「CR」の文字を見つけましょう。トイレの場所を尋ねる際にも「CR」またはComfort Roomと言えば伝わります。

また、セブの街中には公共のトイレがほとんどありません。大型ショッピングモールやレストランなどにはありますので、立ち寄った際は利用しておくと安心です。

セブ島のトイレにはトイレットペーパーがない

トイレットペーパー

セブ島のトイレには基本的にトイレットペーパーが置かれておらず、常にトイレットペーパーを持ち歩く必要があります

現地のドラッグストアやスーパーで安く購入できますが、日本のトイレットペーパーの紙質に慣れていると使いにくい可能性も。不安であれば普段使用しているものを持参するのがベストです。芯を抜いて押し潰せば、かさばらずに持ち運べますよ。

現地調達する場合は、到着したら忘れずに購入してから観光に出かけましょう。流さずに捨てるので、よりコンパクトに持ち歩けるティッシュペーパーでも可です。

セブ島のトイレの扉は自分で押さえる?

鍵

セブ島のトイレは個室であっても鍵が壊れていることが多いです。とはいえローカルはあまり気にせず、自分で扉を押さえながら使っています

反対に、鍵がかかっているように見えても誰も使っていないということもよくあります。セブ島のトイレの扉は足元が見えるように取り付けられているので、中に人がいるかを確認できます。

比較的新しい施設やレストランであれば壊れていることはほぼないので、ご安心を。

セブ島のトイレには便座がない

手洗い

個室に入ってトイレの蓋を開けると、いきなり便器が出てきて驚いてしまいます。実は、セブ島のトイレの多くは便座が付いていません。残念ながらあまり治安の良くないセブ島では、便座が頻繁に盗まれてしまうからなんです。

どのように座るのか気になるところですが、ローカルは便器に両足を乗せ、和式トイレの要領で用を足します。これは足を滑らす恐れもあるので、慣れていない日本人は空気イスの状態で腰を浮かせながら用を足すことが多いようです。

衛生上便器におしりをつけて座ることは避けましょう。肌が直接触れた状態で用を足すと、感染症にかかる危険性もあります。

セブ島のトイレにはトイレットペーパーを流さない

トイレットペーパー

セブ島のトイレには、使用済みトイレットペーパーを捨てるためのごみ箱が設置されています。下水管や紙質の関係で、トイレットペーパーを流すと紙詰まりを起こしてしまうからなんです。

高級ホテルなどでも流せるタイプのトイレは非常に少ないので、うっかり流してしまわないように注意しましょう。

セブ島のトイレの流し方いろいろ

トイレットペーパー

高級店や新しい施設では、使用後は水洗レバーで水を流すのが一般的。しかし、それ以外の場所では水洗レバーが付いていないトイレも多いです。この場合、主に二つの方法で水を流すことになります。

一つ目は、個室内におかれた水桶から水を汲み手動で流す方法。もう一つは、個室に設置されたシャワーを使って流す方法です。特にシャワーは水圧が驚くほど高く、ローカルはウォシュレットのようにおしり洗浄にも使用しています。

ただ、いずれの方法でも便器のまわりに水が飛び散ることは避けられません。セブ島のトイレは水浸しになっていることが多いのですが、このような水洗事情が関わっているんですね。

セブ島のトイレには衛生グッズを持参すべし

アルコール

フィリピン全体に、トイレはあまり衛生的とは言えません。洗面台に石鹸がないのはもちろん、そもそも故障して水が流れないことも。そんな時に持っておきたいのがアルコール消毒液やウエットティッシュです。

フィリピンでは消毒液を持ち歩くことが一般的で、さまざまな種類の消毒液が売られています。かわいい小瓶に入ったものは帰国時のお土産としても人気なんですよ。

まとめ〜事前の準備でセブ島のトイレを快適に

トイレ

このようにセブ島のトイレ事情は日本と大きく違うことが多々あり、不安に感じる点も多いですよね。けれど、紹介した7つの注意点さえ押さえておけば大丈夫。あらかじめ準備できることはして、出発に備えましょう。

世界中から訪日した人々が驚くように、日本のトイレ事情こそ少し特殊なのかもしれません。トイレも異文化体験と考えて、ぜひセブでのトイレ体験を楽しんでみてくださいね。