移動手段に便利なタクシー、皆さんもよく利用するのではないかと思います。運転手に目的地さえ伝えればそこまで連れてってくれるので、楽でいいですよね。

そんなタクシーですが、フィリピンでは便利なだけではありません。日本とは違い、料金をぼったくってくる悪質なタクシードライバーがいるのです。

セブ島ではそれほどたくさんいる訳では無いのですが、それでも10台に1台くらいの割合で、悪質なドライバーは存在します。また、観光客など、あまりフィリピンの事を知らない人は、悪質なドライバーからはカモに見られる事が多いので、より狙われやすくなります。

今回は、セブ島のタクシードライバーがよく使うぼったくりの手段、対策、対処法などをご紹介します。セブ島を訪れる際はぜひこの記事を参考にしてみてください。

セブ島のメーターを使わないタクシー

まず、一番多いぼったくりの手口が、メーターを使わない事です。フィリピンのタクシーは、初乗りが40ペソ(約96円)でそこから車が進むとともに料金が上がっていくシステムになっています。

目的地を伝え、車が走り出しても、悪質なドライバーはこのメーターをスタートさせずに、目的地に着いてから、「メーターを使い忘れたけど〇〇ペソ位だよ」(高額な値段)等と過剰なお金を要求してきます。

この方法のぼったくりに対する対策はとても簡単です。タクシーに乗り込んで目的地を言った時に、「メーターを使ってくれますか?」と聞けばいいのです。悪質なドライバーでも、こっちから聞くと渋々つけてくれる人が多いです。

私もタクシーに乗る時は習慣として、メーターを使うかどうかを聞くようにしています。

セブ島の値段交渉をしてくるタクシー

次に、ドライバーの中には、目的地を伝えると走る前に値段交渉をしてくる人がいます。目的地まで数時間かかるような遠くまで行く時には、値段交渉をして、あらかじめ料金を決めてから行く場合もあります。

ですが、街中での移動の際は値段交渉をする必要はまずありません。値段交渉を持ちかけられた場合は、高確率でぼったくられると思っていいでしょう。もし街中で値段交渉をされた場合は、メーターを使ってもらえるように頼むようにしましょう。

セブ島のメーター料金+値段交渉してくるタクシー

料金メーターの金額に加えて、追加料金を要求してくるドライバーもいます。「その目的地だと帰りにお客さんがいないから100ペソ追加ね」とか「道が混んでて時間がかかるから50ペソ払って」などと理由をつけて追加のお金を貰おうとします。

確かにフィリピンでは夕方などにすごい渋滞が発生するのですが、本来追加料金などは必要ありません。ですが、観光客はそれを知らないと思われているので、ぼったくろうとしてきます。

乗る前に追加料金を要求された場合はそのタクシーは諦めて、ほかのタクシーを探しましょう。もし途中で追加料金を要求された場合は、払う必要が無い旨を伝えてメーターの分の料金だけを払いましょう。

ですが、要求されたお金が高額でなかったり話し合うのがめんどくさいのならば、諦めて払ってしまうのも1つの方法です。

セブ島の遠回りをするタクシー

目的地までの道のりで、遠回りをしてくるドライバーもいます。当たり前ですが、タクシーは長い距離を走れば料金が高くなります。なのでわざと遠回りをして、料金を高くしようとしてくるのです。

これに関しては道を知らなかったり土地勘がない観光客の方が対策するのは正直難しいです。最低限の対策として、観光本などに書いてある値段の相場などを調べておくといいかもしれません。

もし、明らかに高額な値段を要求された場合などは、ドライバーに、高すぎるのではないかと言ってみましょう。

セブ島の自由なタクシードライバー

ぼったくりではないのですが、番外編として私が体験した日本では考えられないドライバーを紹介します。

夜などにタクシーを捕まえ、目的地を伝えると「俺の家と逆方向だ、家に帰る時間が遅くなるから行かない。」等と言って乗せてくれない事があります。他にも「ちょっと1回俺の家寄ってもいいか?」と自分の用事を優先するドライバーもいます。

日本でこんなタクシードライバーがいたら文句の1つでも言うかもしれませんが、ここは自由な国、フィリピンなので、マイペースな人もいるんだな、と心に言い聞かせて無理矢理納得しました。

セブ島でのぼったくりタクシーまとめ

ぼったくりをしてくるドライバーがいるといっても、タクシーは移動手段としてとても便利な乗り物なので乗らないわけには行かないですよね。

ぼったくりを防ぐ方法は決して難しい事ではありません。基本的な対策だけを知っておけば、被害にあう事はほとんどありませんので、あまり神経質にならず気軽にタクシーを利用するようにしてください。