急に日用品が足りなくなったり、手軽に飲み物や食べ物を手に入れたくなったりしたときに利用価値の高いコンビニエンスストア。

特に旅行中などには、想定していなかった忘れ物をしてしまったり、その地ならではのお菓子が食べたくなったりと、近くにコンビニがあると何かと便利ですよね!

日本のコンビニエンスストアはさまざまな国で展開されています。

セブ島でもいくつかの日本のコンビニエンスストアがありますが、今回はセブ島で一番多いコンビニ、セブンイレブンでは一体何を買うことができるのか、日本とは違っている部分などを紹介します!

※1ペソ=約2.1円(2020年3月)

セブ島のセブンイレブンとは

セブンイレブン

まだまだ発展途上中の国、セブ島。

日本ほどコンビニエンスストアの数は多くありませんが、たくさん人が住んでいる住宅街や観光エリアなどでは15分ほど歩くと1軒はセブンイレブンを発見することができます。

セブ島のセブンイレブンの特徴

セブンイレブン

飲み物や食べ物、日用品が手に入る、フードメニューも豊富、というところは日本と変わりませんが、セブ島のセブンイレブンならではの特徴がひとつだけあります。

どこのセブンイレブンでも必ず、かなりたくさんの数のイートイン席が店の外に用意されています。お酒を飲むことが大好きなフィリピン人。朝から夜まで1日中、大きなビール瓶を空けて飲んでいる人たちを見かけます。

日本のコンビニの前で長時間ビールを飲んでいる人を見かけることはあまりありませんよね。でも、セブ島のセブンイレブンではそんな光景を常に目にすることになります。

セブ島のセブンイレブンで購入できるもの

実際にフィリピンのセブンイレブンの中に入ってみましょう。どんなものが買えるのか紹介します。

フードメニュー

日本と同じように、レジの横にはその場で食べることができるフードメニューが豊富に取り揃えられています。

ホットドック

ホットドック

ひとつ食べるとお腹いっぱいになるかなり大きめでボリュームがあるホットドックですが、なんと30ペソ!

ミスタードーナツ

ミスタードーナツ

甘いものが大好きなフィリピン人。10種類ほどのドーナツが並んでいます。

ソフトクリーム

お店によって味が違いますが、チョコレート、マンゴー、紫芋などのものが多いです。ひとつ20ペソ

お弁当やサンドイッチ

商品棚

ちょっとした朝ごはんやランチ用に、セブ島ならではの丼ものやサンドイッチが多数揃っています。ひとつ30〜70ペソ。日本のコンビニエンスストアでランチを購入するときの半分くらいの金額でコンビニランチを楽しめますね。

ドリンクコーナー

コーヒーマシーン

ここ1年くらいでできた新しい店舗には導入されているそうです。Sサイズのコーヒー1杯20ペソ

ジュース

ドリンクマシーン

コーラやスプライトなどのジュースがセルフサービスで販売されています。

缶・パック・ペットボトル

飲み物 飲み物

日本と変わらないくらいの種類がありますね。セブ島ならではのフルーツジュースなどはお土産としても最適です。

スナックコーナー

スナック スナック スナック

海外のお菓子コーナー、日本では見かけないようなお菓子がたくさんあり楽しめますよね。コンビニ前でビールを飲む人が多いせいか、日本よりも心なしかナッツ等のおつまみコーナーの品揃えが多いように感じます。

カップ麺などのインスタントフードコーナー

カップ麺

韓国からの観光客が多い影響か、ハングル文字で書かれた辛そうなカップラーメンの種類が多くあります。

日用品コーナー

日用品 日用品

小さいサイズのシャンプーやリンス、歯磨き粉の種類もたくさんあります。旅行中に近くにセブンイレブンがあれば全く困ることがないほど、最低限生活に必要な日用品は全て揃っています。

店舗によってはお土産も手に入る!

観光エリアの近くのセブンイレブンには、ドライマンゴーやバナナチップスなどお土産として人気があるお菓子のコーナーもあります。

お土産を買いに行く時間がなかった!という際でも助かりますね。

セブ島のセブンイレブンの割引サービス

ポスター

BUY1 TAKE1

日本のコンビニでの割引サービスといえば、○○%オフ、○○円引き、といったものが多いですが、セブ島よくあるサービスといえばBUY1 TAKE1(ひとつ買ったらもうひとつ付いてくる)というもの。

レジの近くにはそのときのサービス内容が表示されています。また、食べ物と飲み物をまとめて購入したときの割引もあるようです。

まとめ

日本のコンビニエンスストアであるセブンイレブン。日本と同じ売られ方のものもあれば、セブ島ならではの商品、販売のされ方もあるようですね。

旅行中、ちょっとしたお出かけ中、どんなシーンでも近くにあると安心できるコンビニエンスストア。セブ島に行ったら是非違いを楽しんでみてください。