アジアを代表するビーチリゾート、フィリピンのセブ島は日本人にも人気の旅行先です。けれど、せっかくのリゾート地でも日本人ばかり見かけるとバカンス気分を味わえないこともありますよね。

そこで、セブ島から1時間強で行けるパラワン島をご紹介します。手つかずの自然が残る秘境として欧米を中心に話題の島は、まだ日本人にあまり知られていない場所。セブ島からの行き方と合わせて、その魅力をお伝えします。

※1フィリピン・ペソ=約2.2円(2020年8月)

パラワン島とは

ビーチ

アジアで最高の島

パラワン島は、フィリピンで5番目に大きく南北に長い離島。主要都市は中央付近にあるプエルト・プリンセサです。

農業や漁業が産業の中心で開発が進んでおらず、生態系がよく残っていることから「フィリピン最後のフロンティア」と呼ばれることもあるほど。第二次世界大戦以降は、エコツーリズムの目的地として欧米を中心に注目を集めるようになりました。

アメリカの旅行誌「Condé Nast Traveler」にて、読者が選ぶ「アジアで最高の島」2019年版に、セブ島などとともに選定されました。同誌は世界に70万人もの読者を有しており、パラワン島が世界中の旅行好きの心をとらえていることがうかがえます。

2つの世界遺産

秘境リゾートとして観光客を迎え入れる一方、自然も手厚く保護されているパラワン島では、2つの場所がユネスコの世界自然遺産に登録されています。

ひとつが、プエルト・プリンセサ近郊にある地底河川国立公園(アンダーグラウンド・リバー)。山地にできた鍾乳洞の下を流れる川は海につながっており、その自然美と独自の生態系を有することが世界遺産登録の決め手となりました。

もうひとつがトゥバタハ岩礁自然公園です。ふたつの岩礁とサンゴ礁を保護する海中公園として設置されたものが、後に世界遺産に登録されました。エリア内のサンゴ礁(トゥバタハ・リーフ)は東南アジア最大規模で、ウミガメなど多様な海洋生物が生息します。

エルニド環境保護区

島最北部のエルニドでは、エメラルドグリーンの海と真っ白な砂浜をもつビーチリゾート。切り立った断崖や緑に囲まれた「ラグーン」やマングローブなど、自然の造形美がさまざまな形で目を楽しませてくれ、地元の有志などが中心となって環境保護に努めています。

その一方でヨーロッパからのバカンス客も多く迎え入れています。周辺に点在する離島は、ひとつの島にひとつのリゾートホテルだけが存在する「1島1リゾート」。プライベート感を大切にしたいツーリストからは特に魅力的な目的地となっています。

ここを訪れる日本人はまだまだ多くありません。美しい自然の中で心ゆくまでリラックスできるため、日本での忙しい日常を忘れたいという人には大変おすすめです。

パラワン島への行き方1:セブ島からプエルト・プリンセサへ

洞窟

目的地ごとの最適な行き方は

ここからは、自然豊かなパラワン島にセブ島から行く方法をご紹介します。島は南北に約400キロメートル伸びるため、島内の移動はかなり大変。目的地ごとに異なるルートで行くのがいいでしょう。

中心部のプエルト・プリンセサまでは空路が便利。マクタン・セブ空港からフィリピン航空とエア・アジアが毎日複数往復しており、所要時間は約1時間15分。往復航空運賃は時期や航空会社により4,500~9,000フィリピン・ペソ(約9,900~19,800円)前後です。

空港にはトライシクル(サイドカー付きのバイクタクシー)のドライバーが待機しており、中心部まで10分ほどで到着です。

アンダーグラウンド・リバー

プエルト・プリンセサを訪れる人の多くが、地底河川国立公園(アンダーグラウンド・リバー)を目指します。ここでは、鍾乳洞の地下を流れる川を船で渡る地底クルーズが大人気のアクティビティです。

ただし、環境保全の観点から入場制限などが厳しく、個人で行くのは原則不可能です。現地到着までにツアーに申し込んでおきましょう。

さまざまなツアーをインターネットで予約できますが、往復送迎+地底クルーズ(昼食付)で2,300~2,700フィリピン・ペソ(約5,000~6,000円)のものが多いです。

朝7時ごろホテルに迎えにきてもらい、帰ってくるのは夕方4時ごろになるのが一般的。市内に2泊する必要があると考えてください。

パラワン島への行き方2:セブ島からエルニドへ

飛行機

北部のエルニドに行くためには、以前はプエルト・プリンセサの空港から車で5時間以上かけて移動する必要がありました。

このために特に秘境のイメージが強かったエルニドですが、2015年にAirSWIFT(エア・スウィフト)航空が空港を建設。Lio Airportという通称で親しまれるエルニド空港と、マクタン・セブ国際空港を結ぶ直行便が就航したことで、アクセスが格段に良くなっています。

所要時間は片道約2時間、往復運賃は12,000フィリピン・ペソ(約26,400円)から。エルニド空港から町の中心部までは4キロメートルほどの距離で、トライシクルに乗って20分程度です。

パラワン島への行き方3:セブ島からトゥバタハ・リーフへ

ウミガメ

世界遺産でダイビング

世界遺産トゥバタハ岩礁自然公園内のスールー海、そのほぼ中央に位置するトゥバタハ・リーフは環境保全区域でありながら、なんとダイビングで楽しむことが許可されています

しかし、ここに船を出せるのは3月から6月の間のみ。その他の期間は季節風の影響で出航できず、閉ざされた海となります。

限られた期間のみ、しかも世界遺産で潜れるとあって、世界中のダイバーたちが憧れるダイビングスポットです。なお、釣りやジェットスキーなどのマリンスポーツは生態系を守るため許可されていません。

ツアーを利用しよう

トゥバタハ・リーフは沖合にあるため、プエルト・プリンセサから船でしかたどり着けません。セブ島からパラワン島への航空券が含まれたツアーを予約すれば、セブ島からのアクセスが可能です。

ただし、4泊以上を船上で過ごすクルージングツアーが一般的なため、お金と時間に余裕のある人向きです。日程にもよりますが、セブ島出発のツアーでも20万円以上がほとんど。それでも予約はすぐに埋まりますので、早めの手配が必須です。

環境保全団体WWFが海を管理しており、入海料5,000フィリピン・ペソ(2018年現在、約11,000円)を支払う必要があります。申し込むツアーにこの代金が含まれるかを確認しておきましょう。

まとめ~目的に合わせた行き方を選んで

ボート

南北に長く、エリアによって異なる魅力をもつパラワン島の大自然。目的地ごとに最適な行き方があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

一度の訪問ではその魅力の全てを味わうことは難しく、リピーターも多いです。日本人にはまだまだ知られていない秘境で、思う存分自然に身を任せてみてはいかがでしょうか。