フィリピンに駐在員として来た日本人の家には、単身赴任または家族連れを問わず、メイドさんが働いています。

家にメイドさんがいると言うと、物凄い豪邸が目に浮かぶと思いますが、フィリピンではフィリピン人同士でもメイドさんを雇うことがよくあります。人件費が安いため日本と比べてメイドさんを雇うことはあまり敷居が高いことではありません。

家族帯同できた駐在員の家には、食事担当が1人、掃除と洗濯担当が1人とメイドさんが2人いることが多いです。

赤ちゃんや小さなお子さんがいる家なら、更に子守担当のメイドさんがもう1人いることもあります。単身赴任の方の家ではたいてい1人のメイドさんが家事全般をすべて行います。

メイドさんがいる生活に憧れますか?自分はゆっくりお茶でも飲んでいる間に、家のことを全部やってくれるなんて最高ですよね。でも実際メイドさんがいる生活とはどういうものなのでしょう。実際に私が目撃したことをもとにまとめました。

フィリピン人メイドの扱い方

ジョリビー

日本人には扱い方がわからない人が多い

日本で「家にはメイドさんがいる」という人はほとんどいないでしょう。メイドさんがいたら、毎日の家事から解放されるし、自分のためにたっぷり時間が使えます。

メイドの給料

その上フィリピンでは住み込みのメイドさんの給料が1か月3000~5000ペソ(6000~10,000円)なので、家計を圧迫するほどではありません。

ただし、他人が自分の家に住み込むということは大変なこともたくさんあります。特に日本人はメイドさんの存在に慣れていないので、なかなかどう扱ったらいいのかわからないようです。

日本人、特に日中家で過ごすことが多い駐在員の奥様たちは、メイドさんに対して大まかに2通りのタイプに分かれます。

気を使いすぎる

1つ目はメイドさんに気を使いすぎる人です。「メイドさんが掃除に来るから」と先に自分で掃除してメイドさんを迎えたり、メイドさんにお茶やお茶菓子を出したりとお客さんのようにもてなしてしまう奥様たちもいます。

そこまで極端じゃなくても、メイドさんに気を使ってなかなか自分の意見や要望が言えない奥様はたくさんいます。

厳しくしすぎる

それとは反対に2つ目は、メイドさんにとても厳しくしてしまう奥様たちです。窓のサッシを指でつつーっとなぞり、「汚れているわよ」と言った奥様を目撃したことがあります。

仕事を山のように与えたり、怒鳴り散らしたりする奥様もいます。完全にメイドさんを下に見ているタイプです。

こういう両極端なタイプがある中で、上手にバランスを取ってうまくやっている奥様もいます。

でもほとんどが1つ目のメイドさんに気を使ってしまうタイプです。メイドさんがいると便利だけれど気を遣うのが煩わしくてメイドさんを雇わない人もたまにいます。

フィリピン人メイドの巧妙な盗みの手口に注意

ペソ

家を空けている間に、メイドさんに何かを盗まれたという経験をしている駐在員の人も多いです。大きなものではなくて、なくなってもすぐに気づかないようなものを巧妙に盗みだします

ゴミを出すふりをして

あるメイドさんはわざと多めに買っておいた食材を盗み出していました。黒のごみ袋に余った食材を詰めてごみを出すふりをして外で待っていた共謀者に渡していました。

身につけて

あるメイドさんは奥様から下着を盗みました。メイドさんたちは外出するときに必ず持ち物検査を受けます。でも盗んだ下着をすべて身に着けていたので、持ち物検査に引っかかることなく持ち出していました。

縫い付けて

1,000ペソ紙幣をスカートの裾に折り込んで縫い付けて盗もうとしたメイドさんもいました。

貴重品はセキュリティボックスへ

メイドさんを雇う人は、盗まれてはいけない貴重品を金庫や別の場所にしっかり保管して、それ以外のものは盗まれるかもしれないという覚悟がある程度必要です。

単身赴任者の家で働くフィリピン人メイドの実情

掃除

単身赴任でフィリピンに来ているほとんどの人は、街の中心に住んで街から車で1時間以上離れた工業団地にある会社に通勤します。早ければ朝6時くらいに出発し、夜は8時過ぎに帰宅というパターンが多いです。

ということは、日中はメイドさんが家やコンドミニアムにずっと1人なのです。

ご主人様は食事も外食が多いし、寝るとき以外はほとんど家にいないので家もそんなに汚れません。家族連れのお家で働くよりは随分楽だと思います。その上監視されることもないので気楽です。家のものも盗むのは簡単です。

しかし、コンドミニアムや高級ビレッジの一軒家にはセキュリティーガードがいて、人の出入りはすべてチェックされ、メイドさんたちは持ち物検査を受けないと外出することができません。

そこで、このセキュリティーガードとつるんで悪さをするのです。お金を渡して見逃してもらったり、山分けしたり、またはご主人様のお宅に呼んで乱痴気パーティーをしたりとやりたい放題です。

メイドさんの名誉ために言っておくと、こんな悪いメイドさんばかりではないです。正直者のしっかりしたメイドさんもたくさんいます。しかし悪さの程度は様々ですが、こういう話はよく聞きました。

フィリピン人メイドの借金と前借は当たり前

ポケット

フィリピン人のお金の貸し借りとは

フィリピンでは簡単にお金の貸し借りをします。日本人はお金の貸し借りをあまりいいこととして見ていません。特に借りるときは恥ずかしいし、切り出すのに勇気がいるものです。

フィリピン人は相手が親しくても、そうでなくても簡単に「お金貸して」と言います。貸したお金が返って来ることはあまりありません。

お金を持っている人がない人に与える

フィリピンではお金を持っている人がない人に与えるのが当たり前という考えがあるので貸し借りも容易なのでしょう。

だから、メイドさんたちが雇用者にお金を借りることはよくあります。前借しているメイドさんがほとんどです。でも結局前借すると次の給料が足らなくなるので、また前借をすることになります。

よくある手口

それでも足りないと借金をさせてくれと頼みます。その理由に家族がよく使われます。「母が病気だ」「弟が手術だ」などと言って同情を引こうとします。

全部が嘘だとは言いませんが、大半が嘘だと私は信じています。フィリピン人は給料をもらうとパーッと一気に使ってしまう人が多いのです。そのため月の半分以上を金欠で過ごす人がたくさんいます。

フィリピン人にお金を貸す際には、返ってくることは期待しないで、あげるつもりで貸しましょう。

雇用主の帰国が決まったら

看板

駐在期間も残すところあとわずかになり帰国日が決まると、よく働いてくれたメイドさんのために次の仕事口を紹介してあげます。しかし、帰国が決まったことを知ったとたん態度を変えるメイドさんもいます。

私の友人は4人家族で、料理上手のいいメイドさんに恵まれて、私もよくご馳走になっていました。ところが帰国することを知ったとたん、掃除も洗濯も雑になり、料理もほとんど作らなくなってしまいました

「昨日の夕飯は家族4人でサラダとサンマ1匹だけだったのよ」と嘆いていました。他にも急に休みがちになったとか、言うことを聞かなくなったとかいろいろ聞きました。

その理由は、もうこれ以上給料を払ってくれない人には仕えないということなのでしょう。

一方で親しくなった日本人家族と別れるのがつらくて涙するメイドさんもいます。特に小さいお子さんをずっとお世話してきたメイドさんは思い入れもひとしおで、別れるときにはみんな号泣です。

別の友人は最後まで一生懸命働いてくれたメイドさんと、抱き合いながら感謝を伝え合ったそうです。

でも抱き合いながらその最後に「扇風機とステレオをもらってもいいですか。」と泣きながら言われて、涙が引っ込んだと言っていました。ちゃっかりもらえるものはもらっていくのです。

まとめ

メイドさんがいると家事から開放され本当に助かります。でもあまり期待しすぎないこと、少々盗まれてもいい覚悟をしておくことが大切です。

私の友人が帰国する際に言ったことをいまだに思い出します。

「帰国したら、料理も家事も全部1人でやらなくちゃいけない。子どもの世話も義母の世話も全部私。メイドさんよりはるかに重労働よね。フィリピンでいい思いをさせてもらいました。普通のおばさんにもどります。」

私の友人はみんな、メイドさんのことでいろいろ大変な思いはしたけれど、日本ではできないような生活をさせてもらってメイドさんに感謝をしています。メイドさんを雇う際には、ぜひ気をつけながら、生活を楽しんでください。