フィリピンは7,109の島から成り立っています。現在も新たに発見される島があり、その数は増え続けています。

外務省によれば、使用されている言語の数は80種類前後もあります。島が違えば会話が困難なこともありえるそうです。

日本人にも大人気の渡航先で、美しい海のリゾート地のセブ島は何語が使われているのでしょう?ここではセブ島の言語と、旅に使える便利で簡単なフレーズをご紹介していきます。

フィリピンの公用語はタガログ語

国旗

フィリピンはマニラを首都とし、タガログ語(フィリピノ語)を公用語として使っています。公用語圏ではない別の島の住民たちも教育を受けてきた人たちは、タガログ語を理解できます。

ローカルテレビ番組以外のニュースやドラマはタガログ語で放送されており、公用語圏以外の住民でも日常的に耳にする言葉です。

ですが貧困問題のあるフィリピン。教育を受けられない子どもたちがたくさんいるこの国で、タガログ語を理解できない人も多くいます

セブ島の公用語はビサヤ語

ビーチ

セブ島はビサヤ地方に属しており、セブアノ語という言語を主に使用しています。セブアノ語の他にビサヤ語と呼ぶこともあります。2つの差はほとんどありません。

地域の方言の違いから名前が異なっています。ビサヤ地方の言語をひとくくりにして「ビサヤ語」、ビサヤ地方の中でもセブ島の方言交じりの言葉を「セブアノ語」とよんでいます。

セブ島の近隣にある同じビサヤ地方のボホール島やネグロス島など、地域によって方言が変わってきます。基本的にビサヤ地方同士であればビサヤ語を使ったコミュニケーションが可能です。

セブ島では英語も使われている

英語

英語が母国語ではない国の中でも、フィリピンは英語を話せる人口が多い国。その理由は教育。

フィリピンでは、小学生から授業は全て英語で行われています。幼稚園に通っている子どもは幼稚園から英語に触れます。したがって教育を受けたフィリピン人たちは、英語を話すことができるのです。

日本人にはわかりやすい発音

英語圏の人のように完璧な英語を話すわけではありません。ですが、小学生の年代から「伝えられる英語」は、完全に身についているのです。だからセブ島に住んでいる現地の人は多くて3言語(タガログ語、セブアノ語、英語)が自然と身につき、話すことができます

最近では裕福な家庭で幼稚園からしっかりと教育を受けてきた子どもは日常的に英語を使い、現地の言葉を話さなくなってきている社会問題もあるそうです。それほど英語が身近にあるともいえますね。

フィリピン人の英語はネーティブのように崩した表現や早すぎて聞き取れないことはないので、日本人にとって聞き取りやすいものです。

セブ島言語1. ビサヤ語であいさつをしよう

ビーチ

海外旅行で現地の言葉を使うと旅の充実度がグンと上がります。現地での出会いにもつながり一生の友達になるかもしれません。

英語が通じるのも事実ですが、英語よりビサヤ語の方が現地の人の心がグッと近くに感じます。まずは基本の自己紹介やあいさつを覚えて、現地で出会った人に自分のことを知ってもらいましょう。

  • マーヨン・ブンタン(Maayon buntag):おはようございます
  • マーヨン・ハポン(Maayon hapon):こんにちは
  • マーヨン・ガビィ(Maayon gabbie):こんばんは
  • クムスタ・カ?(Kumusta ka):元気ですか?調子はどう?
  • オケ・ラ・コ(Okay ra ko):大丈夫です
  • サラマット(Salamat):ありがとう
  • ワライ・サパヤン(walay sapayan):どういたしまして
  • ウンサイ・イモン・パガラン?(Unsay imong pangalan):あなたの名前は何ですか?
  • アコ・シ・タロウ(Ako si Taro):私の名前は太郎です
  • ハポニーサ・コ(haponesa ko):日本人です

セブ島言語2. ビサヤ語で使いやすいフレーズ

ビーチとボート

短くて覚えやすいフレーズをまとめました。旅行中にも使えると思いますのでぜひ使ってみてください。特に「おいしい」や「これ」は必ず使う場面があると思います。

ビサヤ語を使うと現地の人はとても喜んでくれるので、1つでも2つでも覚えて使ってみましょう!

  • ラミ(Lami):おいしい
  • ガマイ、ダコ(Gamay,Dako):小さい、大きい
  • イーニット(Init):熱い、暑い
  • トグナオ(Tognaw):寒い
  • ボグナオ(Bugnaw):冷たい
  • カァヨ(Kaayo):とても(例 ラミ・カァヨ:とてもおいしい)
  • タガイ(Tagay):乾杯
  • オォ(Oo):うん、はい
  • ディリ(Dili):いいえ、違う
  • カニ(Kani):これ
  • カナ(Kana):それ
  • シゲ・シゲ(Sige sige):OK!
  • ディハ(Diha):あっち
  • キタ・タ・オグマ!(Kita ta umga):また明日!
  • アリ・サコ(ari sako):お先に行くね(その場を立ち去るときの決まりセリフ)

セブ島言語3. ビサヤ語を買い物で使おう

買い物

買い物中の値段交渉をする場面でビサヤ語を使うと、大きな値引きをしてくれたりサービスをしてくれたり、ラッキーなことがあるかもしれません。現地の人はビサヤ語を話す外国人をとても珍しがるので、そこから仲良くなって親切にしてくれることがよくあります。

実際にフィリピン人は人懐っこく友好的です。ビサヤ語を使って楽しくショッピングをしましょう!

  • ピラ?(Pila):いくらですか?
  • ピラ・タナン?(Pila tanan):全部でいくら?
  • マハル(Mahal):値段が高い
  • バラト(Balato):安い
  • マオ・ラニ(Mao lani):これだけ
  • ピラカボ?(Pila kabo):いくつ?、何個?
  • ナァイ・ディスカウント?(Naay discount):値下げはありますか?

店でスタッフに声をかけるとき

  • アテ(Ate):年上の女性の呼び方
  • クヤ(Kuya):年上の男性の呼び方
  • ドン(Dong):年下の男性の呼び方
  • インダイ(Inday):年下の女性の呼び方

数字を入れ替えて応用してみよう

例 ウサ・カ・コーヒー(Usa ka coffee):コーヒーをひとつ

  • ウサ(Usa):1
  • ドゥハ(Duha):2
  • トロ(Tulo):3
  • ウパット(Upat):4
  • リマ(Lima):5
  • ウノム(Onum):6
  • ピト(Pito):7
  • ワロ(Walo):8
  • シヤム(Siyam):9
  • ナプロ(Napulo):10

セブ島言語4. ビサヤ語を観光中に使おう

プールサイド

外出先の観光地で人とのコミュニケーションとして使えるビサヤ語です。少し文章が長くなりますが、ぜひ覚えて実際に使ってみてください!よく使いそうなフレーズばかりをまとめたので実用性もあります。

またフィリピン人は褒められることが大好きなので、褒め言葉も一緒にまとめています。勇気を持って「親切ですね」と一言お礼をプラスするとお互いハッピーになれるでしょう!

距離を縮めるプラス・アルファ

  • パリホグ・ピクチョリ・コ(palihog picture ko):写真を撮ってください
  • ナァア・パ・◯◯?(Naa pa ◯◯):◯◯はまだありますか?
  • ゴスト・モ・アッド・サ・◯◯(Gosto mo adto sa ◯◯):◯◯へ行きたい
  • ゴスト・コ・カオン(Gosto ko kaon):食べたいです
  • ゴスト・コ・イノム(Gosto ko inom):飲みたいです
  • アサ・◯◯?(Asa ◯◯):◯◯はどこですか?
  • ウンサイ・◯◯?(Unsay ◯◯):◯◯は何ですか?
  • ナア・モイ・◯◯?(Naa moy ◯◯):◯◯はありますか?
  • ウンサ・オラス・カロン?(Unsa Oras karon):今何時ですか?
  • ガナハン・コ・◯◯(Ganahan ko ◯◯):◯◯が大好きです
  • ナカワタン・コ!(Nakawatan ko):泥棒に遭いました!
  • ◯◯・オグ・◯◯(Ug):◯◯と◯◯

関係を円滑にするのはまず褒めること

  • マァヨ・カァヨ!(Maayo kaayo):とてもすてき!
  • カ・グワパ・(カァヨ)(Ka gwapa):あなたは(とても)かわいい
  • カ・グワポ・(カァヨ)(Ka gwapo):あなたは(とても)かっこいい
  • カ・ボウタン・(カァヨ)(Ka boutan):あなたは(とても)優しい
  • カ・マステル・(カァヨ)(Ka master):(とても)上手ですね
  • ガナハン・コ・ニモ(Ganahan ko nimo):あなたが好きです

まとめ〜ビサヤ語を覚えて旅行をさらに楽しもう〜

現地の言葉に触れることでたくさんの出会いや発見にもつながります。

ビサヤ語、タガログ語、英語などさまざまな言語が使われているセブ島だからこそ、イントネーションや発音アクセントなど間違えていても気にしません。それ以上にビサヤ語だととても親近感を持ってくれて、すぐに仲良くなれます

私たちも海外旅行していて、外国人から「コンニチハ」と声をかけられるとうれしいですよね。現地に住む人との会話やそこでの体験は思い出になるので、ぜひ積極的に使ってみてください。