年中暖かいリゾート地として人気のセブ島には毎年多くの観光客が訪れます。海外旅行をより満足させる楽しみのひとつといえば、現地で食べられる本場の料理やスイーツですよね。温暖な気候のフィリピンは冷たいスイーツがおいしい国でもあります。

日本でもミニストップの夏季限定スイーツとしてなじみのあるハロハロですが、本場フィリピンで食べるハロハロはまったく違うスイーツなんです!

今回はフィリピンの各地にあるハロハロ屋さんのなかから、おすすめしたいセブ島のお店を5つ紹介していきます。

フィリピンのスイーツ、ハロハロ概要

ハロハロ

ハロハロとは

ハロハロ (Halo Halo)とはフィリピンで食べられる伝統的なかき氷で、果物やアイスクリーム、ナタデココ、甘く煮た豆などをトッピングするパフェに近いスイーツです。

ハロハロの語源は、フィリピンの公用語であるタガログ語で「混ざる」という意味のハロ(halo)から来ています。ハロハロは直訳すると「混ぜこぜ」ですが、その名前のとおりハロハロはトッピングやアイスクリーム、かき氷などをよく混ぜて食べるスイーツです。

フィリピン本場のハロハロを知ってほしい!

日本でもミニストップで、ソーダドリンクにソフトクリームとさくらんぼをトッピングされたスイーツがハロハロとして販売されていました。

ですが本場フィリピンの伝統的なハロハロは、かき氷の上に紫色のウベアイス(紫芋アイス)、カラフルなゼリー、とうもろこし、ココナッツなどの南国フルーツが入っていて見た目も味も食べ方もまったく違います

では早速セブ島でおすすめのハロハロを見ていきましょう!

フィリピンのハロハロ5選

地元民お墨付きIce Giants

ハロハロ

フィリピンらしいカラフルな店内と、現地の方々から愛される伝統的なハロハロが人気のIce Giants(アイスジャイアンツ)。

一番人気は看板メニュー「ハロハロスペシャル」です。ウベとバニラのアイスクリーム、ゴロっとぜいたくなマンゴー、カラフルなゼリー、煮豆、コーンフレーク、練乳など見た目はとても甘そうですが、食べてみるとほどよい甘さ。日本人好みで種類も豊富です。

また、5〜6人前の巨大ハロハロも名物で、休日には巨大ハロハロを家族や友達とシェアしている姿が見られます。

フィリピン産の新鮮なマンゴーやアイスクリームふんだんの「マンゴーハロハロ」も、南国旅行にぴったりでおすすめです。

基本情報

  • 名称:Ice Giants(アイスジャイアンツ)シティ・タイム・スクエア店
  • 住所:Garden Apartalle Rd, Tipolo, Mandaue City, Cebu, フィリピン
  • アクセス:City time Square2
  • 営業時間:12:00~23:00
  • 電話番号:+63 32 268 2035

インスタ映えならMy Joy

かわいらしいポップな雰囲気の店内と、フィリピンファストフードやデザートなどさくっと食べられるメニューが人気のMy Joy(マイジョイ)。

看板メニューの店名入り「My joyハロハロ」は、ウベアイス、ウベペースト、ジャックフルーツ、パイナップル、マンゴー、ココナッツ、カラフルなゼリー、レチェフラン、コーンフレークなどトッピングがたくさんでボリューミーです。

そしてトップには、お店の雰囲気にぴったりのカラフルでかわいい小さな傘。氷部分はミルク氷でマンゴーもしっかりトッピングされていて、見た目も食べ応えも大満足なハロハロです。

サイズは大きめですが、トッピングが豊富なので最後まで飽きずに食べられます。しっかり混ぜて2〜3人でシェアして食べてみてください!

基本情報

  • 名称:My Joy(マイジョイ)アヤラモール店
  • 住所:10 Apitong St, Cebu City, Cebu, フィリピン
  • アクセス:アヤラモール
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 電話番号:+63 32 231 5619

昔ながらのIce castle

セブ島の大型ショピングモール、アヤラセンターセブやSMシティセブなどに店舗を構えるIce castle(アイスキャッスル)。ハロハロほか、縦半分に割ったバナナが特徴的なバナナスプリット、シェアサイズの巨大パフェなどの冷んやりスイーツがそろっています。

Ice castleで人気メニュー「ハロハロ スペシャル」は甘みの強さが特徴で、甘く煮た豆、ウベペースト、とうもろこし、ジャックフルーツなどのトッピングで昔ながらのハロハロです。アイスクリームは定番のウベ、いちご、バニラなどから2種類選べるのもおすすめのポイント。

とうもろこしがスイーツに入っている感覚が好き嫌いを大きく分けますが、好きな人はどハマりしてしまうおいしさです。

基本情報

  • 名称:Ice castle(アイスキャッスル)SMシティセブ店
  • 住所:Lower Ground, SM City Cebu, Juan Luna Avenue, Mabolo Proper, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
  • アクセス:SMシティセブ
  • 営業時間:10:00~:00
  • 電話番号:+63 32 412 5589

レストランKUYA J

セブ島発祥からフィリピン国内に100店舗以上あるフィリピン料理レストランKUYA J(クヤジェイ)のハロハロ。ここまで紹介してきたほかの店舗と違って食事がメインの店です。

KUYA Jで食べられる3種類のハロハロは、シンプルにバナナ、ココナッツ、ジャックフルーツ、ゼリーがグラスに入っていて、スッキリとしたオシャレな見た目です。

トッピングされているレチェフラン(カスタードプリン)は、どこのハロハロよりも上品な味でKUYA Jのハロハロは特別感があります。

一番人気のメニューは「KUYA Jウベハロハロスペシャル」。ウベ風味のミルク氷は甘さがひかえめなので、フィリピン料理をたくさん食べた後でもぺろっといけます。

基本情報

  • 名称:KUYA J(クヤジェイ)アヤラモール店
  • 住所:15 N Escario St, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
  • アクセス:アヤラモール
  • 営業時間:11:00~22:00
  • 電話番号:+63 919 911 2098
  • 公式サイト:https://www.kuyaj.ph

中華料理店Chowking

シューマイやチャーハンなどの中華料理を、格安で食べられるファストフード店Chowking(チョーキン)。メニューのほとんどが100ペソ前後で食べられるので、現地の方々でいつもにぎわっています。

地元民に愛されるChowkingの定番デザートが「ハロハロ」と「ミルキーホワイトハロハロ」です。トッピングにはウベアイス、レチェフラン、ゼリーと大満足のボリューム。さすが激安ファストフードチェーン店のハロハロ、コスパが最強です。

ChowkingはJollibee(ジョリビー)が展開しているファストフード店だけあって、ほとんどのモールやITパークに入っているのでぜひ試してみてください。

基本情報

  • 名称:Chowking(チョーキン)Filinvest Cyberzone Cebu Tower 2店
  • 住所:W Geonzon St, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
  • アクセス:ITパークHMタワーから徒歩2分
  • 営業時間:24時間営業
  • 電話番号:+63 32 231 4921
  • 公式サイト:https://www.chowking.com

まとめ〜暑さ負けする前にパワーチャージして旅を満喫しよう

ハロハロは、マンゴーやココナッツなどの南国フルーツや、ムラサキ色が鮮やかなウベ味のアイスクリームなどがトッピングされていて、フィリピンらしさを存分に感じられるおすすめのスイーツです。

店によって違ったトッピングやフレーバーが楽しめるので、フィリピンに旅行する際はさまざまなお店のハロハロの食べ比べもおもしろいと思います。みんなでシェアして食べても楽しいハロハロは、インスタ映えするカラフルでポップな見た目で、旅行のすてきな思い出にもなります。

フィリピンの伝統的なスイーツ「ハロハロ」でフィリピン、セブ島旅行をさらに楽しみましょう!