海外旅行中には数えきれないほど写真を撮ってしまいますよね。スマートフォンのカメラ機能も向上し、ますます気軽に撮れるようになりました。

フィリピンのセブ島ではマリンスポーツをする機会が多いですが、その間は水に弱いスマホが使えません。そんなときに大活躍なのがGoPro!水中で使えるのはもちろん、高画質の写真や動画が撮れるので、マリンスポーツには必須です。

使い方をマスターして、最高の思い出を残しましょう。

セブ島にはGoProが必須?

水中

GoProはマリンスポーツの強い味方

アメリカのカリフォルニア州で生まれたGoProは、ヘルメットなどに装着して臨場感のある場面を撮影できるウェアラブル・カメラです。

開発のきっかけとなったのは、創業者が旅行先でサーフィンをしていたときのできごとでした。アマチュア写真家に撮影を依頼したものの、カメラマンが近付けず満足のいく写真が撮れなかったのです。

このような経緯で衝撃や水に強いウェアラブル・カメラが生まれ、プロのカメラマンと共に進めるという意味を込めて「GoPro」と名付けられました。

水深10メートル(専用ケース「SUPER SUIT」を装着すれば60メートル)までの防水に対応しており、マリンスポーツにはぴったり。セブ島の海でできるあらゆるアクティビティでも、高画質な撮影を楽しめます。

GoProを持っていない人も必見

「GoProは持っていないからセブ島に持っていくこともないし、使う機会もないかな」と思っている人も、少し待ってください。

マリンスポーツなどのツアーに参加すると、オプションでGoProのレンタルが可能になる場合があります。また、他の人が使っているのを見ているうちに「やっぱりあるといいかも……」と思ってしまうかもしれません。そんなときは現地でレンタルすることも可能です。

急に使うことになった際に操作方法が分からないと、時間をロスしてしまいます。そうならないよう、あらかじめ基本的な使い方をおさえておきましょう。

GoProの初期設定

GoPro

使用前の操作

端末を取り出したら、マイクロSDカードとバッテリーを挿入しましょう。マウント(端末にかぶせるケース)が付いている場合は、一度外す必要があります。

レンタルする場合、マイクロSDは付属している場合と自分で用意する場合があります。データの取り扱いについては注意点として必ず説明が書かれていますが、万が一記載がない場合は確認しておきましょう。

スイッチを入れたら

GoProにはスイッチが2つしかなく、上部の赤丸がシャッターボタン。電源は側面のモードボタンで操作します。モードボタンを長押しして電源を入れたら、まずは言語設定画面が表示されます。画面をスワイプして日本語を選択しましょう。

その後、「利用規約とプライバシーポリシーへの同意」へと進みます。使用するには規約に同意する必要があります。

最後が「GPS機能使用の可否」。こちらは撮影地の位置情報を取得するかどうかの設定で、どちらを選んでもかまいません。後から設定画面で変更することも可能です。

スマートフォンとの同期

端末によっては、撮影したデータを無線でスマートフォンに転送することもできます。あらかじめスマホに「GoPro」アプリをダウンロードしておきましょう。このアプリはデータの転送だけでなく、簡単な編集作業もできるため非常に便利です。

GoProのスクリーンに接続画面が表示されたら、指示に合わせてスマホを操作。簡単に同期完了です。空き時間にスマホにデータを送れば、すぐに写真や動画を楽しめます。

その他の覚えておきたい操作

細かな設定などは、すべて画面上をタッチすることで変更可能です。

画面を上から下にスワイプすると、操作音の音量などを調節できる設定画面。反対に下から上にスワイプすると、撮影したデータのビュー画面に変わります。左右にスワイプすることで撮影モードを変更できます。

GoPro端末の基本的な操作方法は以上です。早速撮影してみましょう。

GoProで動画を撮影する

ビーチ

初期設定が完了した後は、電源を付けるとホーム画面が表示されるようになります。左下にあるカメラのマークをタップすることで撮影モードを選択。左のビデオカメラのアイコンが動画撮影モードです。

撮影方法はとても簡単。赤丸のついたシャッターボタンを1度押すと撮影が開始し、もう1度押すと停止。これだけの作業で、自動的に動画が保存されます。

GoProのカメラは初期設定のバランスが優れているので、特に設定を変更せずに使用してもきれいに撮れます。個別に画質やサイズの設定を行いたい場合は、スクリーンを上から下にスワイプし「設定」をタップしてください。

GoProで写真を撮影する

ジンベイザメ

動画だけでなく、静止画にもバラエティ豊かな機能があるGoProなら、魅力的な写真も簡単に撮れてしまいます。

撮影モードは写真・Live Burst・連写・夜間の4つ。このうちLive Burstは、シャッターボタンを押したタイミングの前後1.5秒間を約90枚の静止画として保存し、ベストな瞬間だけを切り取れる機能です。

いずれの機能もレンズを選択でき、広角(魚眼カメラ風)、リニア(広い視野)、狭角(狭い視野)の3種類が標準装備されています。

好みに応じて光量や色味も微調整可能ですが、初期設定で充分きれいな写真を撮れますよ。

タイムラプスを撮影する(一部機種)

GoPro

タイムラプスとは

「GoPro HERO6」以降の機種には、タイムラプス撮影機能もついています。これは、ある程度の時間を定点で撮影し、短時間で高速再生する撮影方法。例えば、30分かけて夕陽が沈む様子を撮影したものを、30秒の映像として再生するといった表現が可能になります。

撮影方法

撮影モードの右にある時計のアイコンがタイムラプスモード。この画面で「タイムラプスビデオ」を選択します。あとはシャッターボタンを押し、任意の時間撮影を続けるだけです。1~2時間程度がおすすめです。

注意点として、タイムラプスの撮影には三脚が必要です。カメラを動かしてしまうときれいな映像がとれないためです。また1時間以上の撮影を続けるとバッテリーがもたないこともあるため、できればモバイルバッテリーに接続しておきたいです。

GoProはレンタルできる?

ダイビング

日本で借りる

高価格のため購入するにはハードルが高いGoProも、レンタルなら手軽に利用可能です。

例えば「Rentry」は初心者向けキットを自宅や空港に郵送してくれ、返却時はコンビニから送るだけというサービス。「GoPro HERO6」のキットなら1日2,700円からで、グループ旅行なら1人あたりの金額はさらに安くなりますよ。

空港受け取りにすればレンタル料を無駄にする心配もないのがうれしいですね。

セブ島で借りる

日本で手配しなかったけれど、到着後にGoProを使ってみたくなった……ということもあるかもしれません。

セブ島のダイビングショップでは、多くの場合GoProの有料貸し出しを行っています。撮影したデータも購入できますので、気軽にショップスタッフに相談してみましょう。

セブイクでもGoProのレンタルを行っています。お気軽にお問い合わせください。

セブ島でGoProが活躍する場所

ジンベイザメ

ジンベイザメとシュノーケリングを楽しむならGoProは必須です。1メートル近くまで接近できるので、普通のカメラだと画角におさまりません。GoProの広角レンズで臨場感あるジンベイザメとのツーショットを撮影しましょう。

スミロン島

透き通る海が魅力のスミロン島。海を楽しむならGoProは必須です。安心の防水機能で、水中からベストショットを狙ってください。

カワサンの滝

滝遊びの本場がカワサンの滝です。落差のある滝の下で滝に打たれるなど、アクティビティのお供にはGoProが必須です。決定瞬間を撮影しましょう。

アイランドホッピング

たくさんの魚たちと泳げるのがアイランドホッピング。カラフルな魚たちと一緒に撮影したり、泳いでる姿を水中から撮影可能です。

ダイビング

たくさんのサンゴ、ウミガメに出会えるのがダイビングの魅力。その決定的瞬間をGoProで撮影できます。最高の1枚をとらえましょう。

まとめ~GoProを使いこなそう

GoPro

街でも水中でも、あらゆるところに連れていけるGoPro。普通のカメラやスマートフォンを持ち込めない場所でも活躍するので、旅の思い出もより鮮明になることでしょう。

シンプルでありながらさまざまな機能をもつGoProを使いこなして、あっと驚くような映像や写真を撮影してみてくださいね。