フィリピンのセブは、アジア屈指の海の美しさを誇るリゾート地。比較的手頃な価格で満喫できるのが魅力ですが、リゾートホテルに長く滞在すると出費もかさみます。

滞在費は安くおさえたいけれど、1日ぐらいはリッチなホテルで過ごしてみたい……と考えている人も多いのではないでしょうか。

そんなときは、宿泊せずにデイユース(日帰り)で利用する方法があります。セブで高級ホテルを「いいとこどり」で楽しむポイントを解説します。

※1フィリピン・ペソ=約2.3円(2020年6月)

セブで利用できるデイユースとは

プール

リゾートホテルに長期滞在するのは大変

セブのビーチリゾートが集まるのが、セブ島から橋を渡ったところにあるマクタン島。マクタン・セブ国際空港があり、リゾートを目的に訪れる観光客の多くが滞在するエリアです。

マクタン島に集中する高級ホテルには、プライベートビーチや大規模なプール、魅力的なレストランなど、リゾートと聞いて思い浮かぶものがすべてそろっています。

こういったホテルでは、一部屋あたり1泊2~3万円が相場。星付きのビーチリゾートとしてはかなりの低価格で宿泊できますが、何泊もするとそれなりの金額になってしまいます。

デイユースで1日だけ満喫

せっかくセブに遊びに行くのなら、観光やアクティビティもたっぷり楽しみたいですよね。そうすると、宿には帰って寝るだけという日も多くなり、高級ホテルに滞在するのはもったいなく感じてしまいます。

そこで登場するのが「デイユース」。日帰りでホテルの施設を利用できるプランのことで、マクタン島のリゾートホテルの多くで提供しています。

ほとんどのプランに昼食が付き、プールやプライベートビーチが宿泊者同様に利用できて1万円未満。宿泊費を安く抑えながら豪華なホテルステイも体験可能なのです。

デイユースに予約は必要?

マクタン島のリゾートホテルのデイユースは、基本的に予約不要。フロントに出向き、デイユース利用希望の旨を伝えて料金を支払うだけです(クレジットカード可)。

ただし、週末やフィリピンの祝祭日などで混んでいるときには、断られる可能性があります。念のため予約しておきたいところですが、インターネットでのデイユース予約は受け付けていないので、電話で予約することになります。

外国語でのやりとりに不安がある場合は、宿泊しているホテルのスタッフに相談してみるといいでしょう。平日は空いているのでねらい目です。

以下、たくさんあるリゾートホテルの中から、特に人気の高いデイユースプランを3つ厳選してご紹介します。

セブのホテルデイユース1. モーヴェンピック・ホテル

プール

おすすめポイント

高級ホテルチェーンであるモーヴェンピックは、リラックスできるリゾートの中に、快適な都市生活を共存させたようなホテル作りが特徴的です。

美しい自然を生かしつつもヨーロッパらしいセンスの光るインテリアが並び、セブにいながらスタイリッシュな空間に。スタッフの細やかな気配りにも名門ホテルの伝統が光ります。

スイス資本ならではのティータイムの催しが「チョコレート・アワー」。チョコレートづくしのぜいたくなスイーツビュッフェも、見逃せないお楽しみのひとつです。

プラン紹介

デイユースには、大人用と子ども用に分かれるプールとプライベートビーチが利用できます。ロッカーやバスタオルなどの基本アメニティが無料で、別料金で浮き輪やシュノーケリング用品もレンタル可能です。

レストラン「SAiLS」でのランチビュッフェには生ビールも含まれ、大変お得。チョコレート・アワーへの参加や、ラウンジでのウェルカム・ドリンクもサービスに含まれるのも嬉しいですね。

また、日が暮れてライトアップされたプールはセブで最もロマンティックともいわれており、ゆったりと大人の時間を過ごしたい人やカップルには特におすすめ。一日を通してさまざまな楽しみがあるので、飽きることがありません。

基本情報

  • 名称:Mövenpick Hotel Mactan Island Cebu
  • 住所:Punta Engaño, Mactan Island, Lapu-Lapu City, Cebu, Philippines
  • アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約20分
  • 対応言語:英語・一部日本語可
  • 利用時間:8:00~20:00
  • 1名あたり料金:[月~木]2,500フィリピン・ペソ(約5,800円)[金~日]3,000フィリピン・ペソ(約6,900円) ※12歳以下の子どもは半額
  • 公式サイト:https://www.movenpick.com/en/asia/philippines/cebu/hotel-mactan-island-cebu/overview/

セブのホテルデイユース2. プランテーション・ベイ・リゾート&スパ

料理

おすすめポイント

ロビーで受付をすませ、通り抜けた先で目に飛び込んでくるのは、ホテルを囲むように広がる「ラグーン」。2.3ヘクタールの水辺に小島まで浮かぶ姿はまるで海のようですが、実は海水を引き込んだプールなんです。

波がなく穏やかなラグーンでは、慣れていない人でも安全にボート遊びなどが楽しめます。

屋内にも身体を動かせるアクティビティが充実しています。このため、ゆったりしたい大人より、グループでわいわい楽しんだり家族で訪れたりする層に人気のホテルです。

プラン紹介

同ホテルでは「デイトリッパー・アドベンチャー・パッケージ」と呼ばれる、デイユースプランを展開しています。

ラグーンとプールを無制限で利用できるほか、ウォールクライミングも一定時間利用可能。自転車、パドルボートやカヤックなどのラグーンで使える乗り物も一定時間レンタルできます。

このほか、卓球などのスポーツ施設とシャワー・更衣室も制限なく利用できるため、スポーティーに過ごしたい方に特におすすめです。ただし、荷物を預けるロッカーがないため、持ち物は最低限にとどめておきましょう。

水上レストラン「キリマンジャロ・カフェ」でのランチビュッフェ付きです。

基本情報

  • 名称:Plantation Bay Resort and Spa
  • 住所:Marigondon, Mactan Island, Lapu-Lapu City, Cebu, Philippines
  • アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約30分
  • 対応言語:英語
  • 利用時間:9:00~17:00
  • 1名あたり料金:[月~木]2,000フィリピン・ペソ(約4,600円)[金・土・日・祝日]2,500フィリピン・ペソ(約5,800円) ※12歳以下の子どもは半額
  • 公式サイト:https://plantationbay.com/

*デイユースについては https://plantationbay.com/packages/daytripper-adventure/

セブのホテルデイユース3. Jパーク・アイランド・リゾート

ウォータースライダー

おすすめポイント

マクタン島の中心地に位置し、規模も大きなJパークホテル。美しく手入れされた施設内を散策しているだけでもリゾート気分を味わえます。

プライベートビーチもぜひ利用したいですが、このホテルはプールに特色があります。波があるもの、流れのついたものもあり、浮き輪に乗って流されているだけで楽しめます

通常のプールにはバーカウンターも併設。プール内に座席があるため、水につかったままお酒を楽しむという変わった体験ができます。

一番の目玉は巨大なウォータースライダー。かなりスピードの出る作りで大迫力のスライダーです。3本の異なるコースがあるため待ち時間も少ないですよ。

プラン紹介

デイユースのプランにはプール、プライベートビーチ、ランチビュッフェが含まれるほか、施設内ショップの割引優待があります。他の2ホテルで提供されるスパの施術割引は含まれません。一方で、4歳以下の乳幼児は料金がかからないため、子連れファミリーにはおすすめです。

ランチビュッフェには1ドリンクが付きます。世界各国のメニューを取りそろえたメニューは80品におよび、寿司や天ぷらなどの和食も。すべてのメニューには日本語での説明もついているため、安心して召し上がれますよ。

基本情報

  • 名称:Jpark Island Resort and Waterpark
  • 住所:M.L. Quezon National Highway, Maribago, Lapu-Lapu City, Cebu, Philippines
  • アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約30分
  • 対応言語:英語・一部日本語可
  • 利用時間:9:00~22:00
  • 1名あたり料金:[月~金]3,500フィリピン・ペソ(約8,000円)[金・土]4,000フィリピン・ペソ(約9,200円) ※5~12歳の子どもは半額、フィリピン在住者は学生証等の提示で割引あり
  • 公式サイト:https://www.jparkislandresort.com/cebu/

まとめ~デイユースで憧れを手に入れよう

ビーチ

リゾートホテルの充実した館内施設を、宿泊費の3分の1以下の値段で思いのままに利用できるなんて、とても得した気分になれますよね。

今回の旅行では予算がなくて格安ホテルに泊まることになった人にも、ゴージャスなリゾートステイを体験できるチャンスがあります。憧れの高級ホテルで過ごす一日を、あなたも手に入れてください。