世界でも指折りのダイビングスポットとして知られるセブ島。海は非常に透明度が高く、美しいサンゴ礁や色とりどりの魚が見られ、ダイビングにはぴったりなのです。そのうえリゾート地としても栄えているので、町歩きや美食などのバカンスを楽しむこともできますよ。

この記事では、セブ島でおすすめのダイビングスポット10選をまとめました。ダイビングに最適なシーズンや、体験ダイビングをする方法、注意点なども紹介します。

セブ島のおすすめダイビングスポット1・マクタン島

セブ島に隣接するマクタン島は、その海の美しさからダイビングスポットとして非常に人気です。また、セブ島と橋でつながっていることや国際空港があることから、アクセスの便利さも人気の秘訣でしょう。

マクタン島の海では、ツバメウオやギンガメアジの群れ、クマノミ、ウミガメなどを見ることができます。まれに、ジンベイザメやマンタが見られることもあるそうです。

マクタン島にはダイビングショップも多く、日本人が経営する店もあります。「ダイビングを楽しみたいけれど言語が通じるか不安」という人は、日本人インストラクター付きの体験ダイビングを試してみるといいですよ。

ボート

セブのダイビングならマクタン島で!5つのおすすめ理由と見どころ紹介

2020-01-08

セブ島のおすすめダイビングスポット2・ナルスアン島

ナルスアン島

透明な海の上に果てしなく続く、長い桟橋が有名なナルスアン島。マクタン島から船で約1時間の場所にあります。定住者のいない完全な無人島であるナルスアン島は、手つかずの自然が魅力です。

ナルスアン島の海には、ほかの島にはない特徴があります。それは、島のシンボルでもある長い桟橋を境に、東と西で雰囲気がガラッと変わること。

東側ではサンゴ礁が広がる海の中でカラフルな熱帯魚を見ることができ、西側では砂地の中でエイなどの珍しい生き物が見られることもあります。いろいろな海を楽しみたい人におすすめのスポットです。

セブ島のおすすめダイビングスポット3・ヒルトゥガン島

ヒルトゥガン島

マクタン島からボートで約30分の場所にあるヒルトゥガン島は、アイランドホッピングで人気の島。海の美しさはもちろん、泳いでいる魚の種類はセブ島周辺の海でも屈指の多さを誇ります。

中でも、ロウニンアジやツバメウオの群れには高確率で会えるのだとか。マダラトビエイやハマダツなど、比較的大きな魚に出会える島としても知られています。

ヒルトゥガン島は魚の群れと泳いでみたい人、大きい魚を間近に感じたい人におすすめです。また、波が大きくなりにくいこと、水の流れが穏やかなことから、ダイビング初心者にも向いています。

セブ島のおすすめダイビングスポット4・スミロン島

スミロン島

セブ島の南端に浮かぶスミロン島には、セブ島南部の町・オスロブから車とボートを乗り継ぎ1時間ほどで到着します。スミロン島は小さな島ですが、海の透明度がセブ島の中でも抜群に高いことから「聖域」と称されているそう。

スミロン島の海には、南国らしいカラフルな魚がたくさんいます。オレンジ色のクマノミ、きれいな紫色をしたパープルビューティーやハナゴイ、青色のスズメダイなど、いろいろな魚が見られますよ。

サンゴ礁の上を多くの魚たちが泳いでいく姿は、まさに楽園そのもの。色とりどりの美しい魚を見たい人、写真撮影を楽しみたい人におすすめです。

セブ島のおすすめダイビングスポット5・バリカサグ島

セブ島の東に位置するボホール島。そのすぐ近くに浮かぶ小島がバリカサグ島です。この島は世界でも特に有名なダイビングスポット。島の海で泳ぎたいダイバーが殺到し、規制がかかるほどの人気ぶりです。

見どころはギンガメアジやバラクーダの群れで、高確率で見られるでしょう。ウミガメやナポレオンフィッシュに会えることもあります。魚の大群がまとまって泳ぐ姿は、全体で1つの大きな生き物のようにも見えて圧巻です。

バリカサグ島でのダイビングはとても人気なので、訪れる2週間以上前に予約をするか、ツアーを申し込んでおくといいでしょう。

セブ島のおすすめダイビングスポット6・マラパスクア島

セブ島の北部に浮かぶマラパスクア島は、ニタリザメ(オナガザメ科)の生息地。ニタリザメは体長2.5~3メートルほどの大きさで、希少種とされています。人に危害を加えることもないので、安心して泳げますよ。

ダイビングすると、高確率で野生のニタリザメに会うことができます。ほかにはハンマーヘッドシャークやマンタ、ジンベイザメに会えるチャンスも。

周辺の海は水深が深く、中上級のダイバーに向いています。海の中には沈没船や洞窟があるので、冒険好きなダイバーにもおすすめです。

セブ島のおすすめダイビングスポット7・オランゴ島

オランゴ島

オランゴ島は、マクタン島とボホール島の間に位置します。マクタン島からはボートで約15分の距離です。

海には比較的小さな魚がたくさん泳いでいます。体長5~10センチのアケボノハゼや、体長が2センチにも満たないピグミーシーホースなど、かわいらしい生き物がいっぱい。ギンガメアジやツバメウオの群れが見られることもありますよ。

オランゴ島の海にはダイビングポイントが多く、水中を少し移動すると雰囲気がガラッと変わります。木でできた船が沈んでいる場所もあり、のぞいてみると小さな魚のすみかになっています。

セブ島のおすすめダイビングスポット8・モアルボアル

セブ島の南西部にある町・モアルボアルも人気のダイビングスポット。小さな田舎町ですがリゾート地として多くの観光客が訪れており、町にはレストランやホテルなどの施設もあります。

モアルボアルの海は、イワシの大群が見られることで有名。何万匹いるのかわからないくらい大量のイワシが、群れをなして泳ぎまわるさまはまるでハリケーンのようにも見えるほど。圧巻の光景が広がります。イワシを狙うニタリザメの姿が見られることもあります。

また、モアルボアルの海にはウミガメも生息しています。運がよければ、ウミガメと一緒に泳ぐことができるかも。

セブ島のおすすめダイビングスポット9・オスロブ

セブ島の南側に位置する町・オスロブは、ジンベイザメに会えるスポットとして知られています。地元の漁師さんが餌付けしているおかげで、ほぼ100%の確率でジンベイザメが見られるのだとか。

ジンベイザメは世界最大の魚類で、最長で10メートル以上にもなります。とても温厚で、人に危害を加えることはありません。巨大なジンベイザメを見上げながら泳ぐのは、オスロブならではの体験になることでしょう。

深いブルーの海も非常に美しく、幻想的な光景が見られるはずです。

セブ島のおすすめダイビングスポット10・リロアン

セブ島最南端の町・リロアンの海には、とにかく小さな生き物がいっぱい。体長6~8センチほどのクマノミや、10センチほどのニチリンダテハゼ、ウミテング、イロカエルアンコウ、そして甲殻類も多種多様です。小さい魚をたくさん見たい人にはイチオシのスポットといえるでしょう。

リロアンに行くメリットは、セブ島よりもさらに南にある小さな島・アポ島にも行けること。リロアンで思う存分泳いだ後はアポ島に遠征し、リロアンとはまた違った雰囲気の海を楽しみましょう。アポ島の海ではギンガメアジの群れや、ロウニンアジ、ウミガメが見られます。

セブ島でのダイビングに向いているシーズンはいつ?

ビーチ

セブ島の気候は「常夏」ともいえるほど温暖。平均気温は27~30度程度と、1年を通して暖かいです。そのため、セブ島ではどのシーズンでも海に入ることができ、ダイビングも楽しめます。時期を選ばないのは、仕事や学業に忙しい人にとってはありがたいですよね。

そして、1年の中でも特におすすめのシーズンは、乾季の後半である2月から5月。この時期は晴れた日が多く、セブ島の青い海がもっとも輝く季節です。スコールなどの雨も少ないので、ダイビングにはもってこいでしょう。

ライセンスがない人は「体験ダイビング」にチャレンジ!

カクレクマノミ

「ところで、ダイビングはライセンスがなくてもできるの?」と疑問を持っている人もいるかもしれません。

セブ島でダイビングできるツアーを探していると、「体験ダイビング」「ファンダイビング」などの言葉を目にするのではないでしょうか。「体験ダイビング」はライセンスがなくても参加できるダイビング。インストラクターがつくので安全に楽しむことができ、気軽に体験できます。

一方、「ファンダイビング」はライセンス(Cカード)取得者向けのもの。ライセンスがあると、潜ることのできる水深がぐっと広がります。「いつかファンダイビングに挑戦してみたい!」という人には、セブ島でライセンスを取得するのもおすすめですよ!

セブ島で体験ダイビングをする方法は?

ダイビング

セブ島で体験ダイビングがしたい人は、ツアーに参加するのがおすすめです。

当日になってからダイビングショップで申し込むこともできますが、自力で目的の島まで行かなくてはいけない場合もあり、かなり大変です。船やボートも自分で手配する必要があるなど、セブ島滞在歴の長い人や英語が不自由なく話せる人でないと難しいかもしれません。

その点、日本の旅行会社やオプショナルツアーサイトなどで事前にツアーに申し込んでおくと、さまざまなメリットがあります。ツアーの詳細が日本語で読めたり、疑問点を日本語で質問できたり、宿泊先のホテルまで車で送迎してもらえたり。

ツアー料金の中には入島税やランチ代などが含まれていることも多く、こまごまとした支払いの手間が省けて便利ですよ。

セブ島でのダイビングの注意点は?

ダイビング

ダイビングの直後は飛行機に乗れない

ダイビング中は、体内に窒素が取り込まれています。その状態で飛行機に乗ると、体内の窒素が膨張して「減圧症」になり、痛みを感じることも。そのため、ダイビングの直後に飛行機に乗るのはNG。せめて12時間以上は空けるようにしましょう。

しっかり耳抜きしよう

ダイビング中は、常に耳抜きをすることが大切です。水中に潜っていくにつれ、周囲の圧力が高くなっていくので、体の中が収縮していきます。その状態を避けるためにも、耳抜きは必須。耳抜きのやり方はダイビング前の講習で教えてもらえることが多いので、しっかり確認しましょう。

まとめ~美しい海でダイビングを楽しもう~

透明な海でダイビングをするにはぴったりのセブ島。海の雰囲気や生息する魚の種類はダイビングスポットごとに異なるので、自分に合う場所をぜひ探してみてください。

「一度くらいダイビングを体験してみたい」という人は、体験ダイビング付きのツアーで気軽に楽しみましょう。「海の近くに滞在しながらじっくりダイビングしたい」というダイバーも、セブ島の海には大満足できるはず。

まるで楽園のようにきれいな海で、すてきな思い出をつくってくださいね!