セブ島の南東方向で、ボホール島の南端の対岸に位置する「バリカサグ島」は、それほどメジャーな島ではないため名前を聞いたことがない方も多いでしょう。

しかし実はフィリピン屈指のダイビングスポット。泳ぎたいダイバーが殺到し、なんと規制がかかってしまうほどの人気ぶりなのです!

今回は世界中のダイバーが憧れる島の行き方、ホテル、代表的なダイブポイントなどその魅力を紹介します。

バリカサグ島ってどんな島?

ダイビング

セブ島の東に位置するボホール島。チョコレートヒルズやメガネザルのターシャなど見どころたっぷりの島なので、セブ島滞在のついでに足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

そのボホール島のすぐ近くに浮かぶのがバリカサグ島です。小さな島ですが、世界でも有数のダイビングスポット。バリカサグ島の海を求めて、世界中からダイバーたちがこぞって訪れます。

特にギンガメ・トルネードは必見!

バリカサグ島周辺の海は透明度が抜群。保護区に指定されたエリアも多く、そこにはさまざまな生き物が生息しています。ウミガメやバラクーダ、ハナダイ、タカサゴ、ナポレオンフィッシュなど数々の魚たちに出会えます。

中でも目玉とされるのは、「ギンガメ・トルネード」と呼ばれるギンガメアジの大群。何百、何千といそうなギンガメアジが集まり、頭上を竜巻のようにユラユラと泳ぎ回るのは圧巻です。バリカサグ島のギンガメ・トルネードは大きさが群を抜いていて、感動的な光景が見られますよ。

人気すぎて規制がかかってしまった!

大迫力のギンガメ・トルネードやウミガメなどが見られること、さらにはドロップオフやアーチなどの地形も楽しめることから、バリカサグ島の海は大人気に。ダイバーがあまりにも殺到するので、自治体によりダイバーは1日150人までに規制がかけられてしまいました

ダイブショップであっても1日1ボートのみ、さらにダイバーは事前に写真付きCカードのコピーを提出するなど、海を守るために厳しいルールが定められています。

そのため、バリカサグ島の海で確実にダイビングするには事前にツアーを申し込み、旅行会社やショップの指示に従って手続きするといいでしょう。

バリカサグ島への行き方は?

ボート

まずはボホール島に行こう

セブ島やマクタン島に滞在している方がバリカサグ島に行くには、まずボホール島へ移動する必要があります。セブ島やマクタン島の港から船に乗り、ボホール島の「タグビララン港」を目指しましょう

ボホール島からパングラオ島のアロナビーチへ

タグビララン港に着いたら、次は港のすぐ先にあるパングラオ島へ向かいます。タクシーやトライシクル(サイドカーつきバイク)に乗り、パングラオ島のアロナビーチまで行きましょう。

タグビララン港の出口には客引きの運転手がたくさん立っているため、交渉して乗せてもらうといいですよ。1,000ペソ(約2,000円)程度が相場ですが、交渉次第でさらに安くなるでしょう。タクシーの場合は約20分、トライシクルの場合は30分以上かかります。

パングラオ島からはバンカーボートで移動しよう

パングラオ島のアロナビーチには写真のような左右に浮きがついたバンカーボートが停泊しています。値段を交渉し、そこから約40分ボートに揺られたら、いよいよバリカサグ島に到着です!

バリカサグ島に行くにはボホール島とパングラオ島を経由する必要があり、少し手間がかかります。自分で値段を交渉したり船を探したりするのに自信がない方は、ボホール島から送迎してくれるツアーを申し込むのがおすすめです。

バージンアイランドツアーなどが含まれるプランでも、2,500ペソ(約5,000円)程度で参加できるでしょう。

バリカサグ島では宿泊もできる!

珊瑚

せっかく島を訪れたなら1日に何本も潜りたいもの。遠征ではダイビングする時間が限られますが、島に滞在すると早朝や夕方などダイバーが少ない時間帯にも潜れます

島には「バリカサグ・アイランド・ダイブ・リゾート(Balicasag Island Dive Resort)」という宿泊施設があります。しっかり時間をかけてダイビングしたい方は、ここに宿泊するのがおすすめ。

ホテルはダイブポイントの目の前にあり、草ぶき屋根のコテージタイプなど20の客室があります。開放的で広いレストランもあるので、飲食にも困りません。「1日4~5本は潜りたい」「人の少ない時間にゆっくりダイビングしたい」という方は宿泊してみてはいかが?

島でダイビング以外にできることは?

シュノーケル

「ダイビング以外のこともしたい!」と思っている方、「ダイバーと一緒に来たけれど自分はライセンスを持っていない……」と時間を持て余している方も大丈夫。ダイビング以外の楽しみ方もあるのです!

シュノーケリング

島のビーチではシュノーケリングも楽しめます。シュノーケルマスクを持っている方は持参するのもいいですが、島でも安くレンタルできます。魚がたくさんいるポイントへ連れて行ってくれるボートもあるので、シュノーケリングの際はぜひチャーターしてみてくださいね。

ドルフィンウオッチング

バリカサグ島のまわりではドルフィンウオッチングのツアーも開催されていて、イルカの群れにも出会えます。イルカが見られるのは早朝で、日の出前後の数十分がチャンスです。

ツアーはパングラオ島のアロナビーチからスタートするものが多いため、バリカサグ島に向かう前に申し込んでおくのがおすすめ。

バリカサグ島のダイブポイント5選!

魚群

ここからは、バリカサグ島のダイブポイントを紹介します。ポイントによって生息する生き物や海の雰囲気が異なるため、どのポイントに行きたいかしっかりチェックしておきましょう。

サンクチュアリ

島西部のポイントで、ホテルのバリカサグ・アイランド・ダイブ・リゾートの目の前にあります。ここにはギンガメ・トルネードが高確率で現れ、大きく濃い魚影を間近で見られるでしょう。

「サンクチュアリ」という名の通り保護区に指定された場所で、漁が禁止されているため海中では多種多様な魚が見られます。ニチリンダテハゼ、パープルビューティー、コガネスズメダイなど、カラフルでかわいらしい魚にも出会えるでしょう。

ブラック・フォレスト

島の東部にあるポイントで、サンゴが多く見られます。バリカサグ島周辺の海の中では一風変わった雰囲気で、砂地のスロープで構成されています。

ギンガメアジが高確率で見られるほか、バラクーダの群れもいます。特にバラクーダのサイズは周辺ポイントよりも大きいため、迫力ある光景が見られるでしょう。

カテドラル

島北部にある、海中の光景がひときわ美しいポイントです。ドロップオフがアーチ状になった場所では、水上から差し込む光が海中を照らす幻想的な光景が見られます。

トウアカクマノミやセジロクマノミが生息しているポイントで、マクロ好きにはたまりません。まれにチンアナゴやウミガメが見られることも。

ロイヤル・ガーデン

カテドラルの近くにあるポイントで、アーチ状のドロップオフがあります。ウミガメが見られることもあり、サンゴに群がるハナダイやスズメダイも目を楽しませてくれます。

ダイバーズ・ヘブン

島の南部に位置するポイント。ギンガメ・トルネードが見られる場所でもあり、サンクチュアリにギンガメアジがいなかった場合、このポイントに移動するといいでしょう。ほかにはイサキやサザナミトサカハギ、パープルビューティーなどが見られます。

バリカサグ島でダイビングするには?

ウミガメ

上でも紹介したようにバリカサグ島は、ダイバーを1日150人までしか受け入れていません。そのため予約なしでふらりと島に上陸しても、ダイビングの許可がもらえないことも。

バリカサグ島で確実にダイビングするためには、事前にツアーを申し込んでおくのがおすすめです。

ツアー会社が開催しているダイビング付きのプランであれば、面倒な手配はツアー会社にお任せできます。「定員オーバーなのでダイビングNG」といったこともなく、ダイビングをしっかり楽しめるでしょう。

まとめ~バリカサグ島で感動のダイビング体験を~

ギンガメアジの大群やウミガメが見られることから、ダイバーに人気のバリカサグ島。アクセスは少々大変ですが、大迫力のギンガメ・トルネードを目の前にすると苦労も吹き飛ぶほど感動するでしょう。

ギンガメアジは人がいても逃げないので、トルネードの内側に入れることも。圧倒的な光景が見られますよ!

人数制限もあるので、確実にダイビングを楽しむためにはツアーを予約しましょう。みなさんもバリカサグ島で最高のダイビングを体験してくださいね!※1フィリピンペソ(PHP)=約2.2円(2020年8月現在)