フィリピン・セブ島での一人旅でホテルを決める際、検討するのはどんなことでしょうか。「観光にも買い物にも便利な立地」「宿泊料金は安い方がいいが、ある程度きれいなホテル」などの項目が思い浮かぶでしょう。

セブ島に英語学習のために留学している私が、友人が遊びにくる際におすすめしている場所が「アルバ・ウノ・ホテル」。島の中心地に位置し、価格も安くてきれいなホテルです。この記事ではその詳細をお伝えします。

※1フィリピン・ペソ=約2.12円(2020年5月)

セブ島ひとり旅ならITパーク周辺に泊まろう

アルバ・ウノホテル

セブ島と橋でつながっている国際空港のあるラプラプ市、セブ市の下に位置するマンダウエ市にもホテルは多いです。中には、セブ市のホテルよりも相場が安いところもあります。

しかし、セブ島には電車がなく、車やバイクタクシーでの移動がメインです。特に休日はひどい渋滞で、10分で到着するはずが30分かかることもしばしば。そのため、どの地区に宿泊するかで観光の便利さが変わってきます。

初めてのひとり旅でセブ島観光がメインであれば、「ITパーク」周辺に宿泊しましょう。アルバ・ウノ・ホテルもこのエリア付近にあります。ITパークはセブ市の中でも外資企業が参入しており、治安もよく飲食店やショッピングモールもあり便利な立地です。

アルバ・ウノ・ホテルへのアクセス

アルバ・ウノホテル

タクシーもしくはGrabを利用

国際空港からホテルまでは混んでいなければタクシーで45分程度で到着します。空港の到着ロビーに着くと、黄色いタクシーが並んでいます。乗る前に必ずメーターが動くか確認してから乗るようにしましょう。

行き先を英語で説明が面倒な場合は、配車アプリGrabを利用するとよいです。目的地をあらかじめ登録できるので、乗車から降車まで特に英語でコミュニケーションをとる必要がありません。

チェックイン時間

チェックイン時間は午後2時からですので、もしも2時より早く到着する場合は、事前にホテルに連絡を入れておきましょう。私が利用した際は1時に到着しましたがまだ部屋が空いておらず、写真にある併設のカフェで2時まで待ちました。

基本情報

  • 名称:アルバ・ウノ・ホテル(Alba Uno Hotel)
  • 住所:1st St. Villa Amores, Apas, Barangay Lahug, Cebu City, 6000,Philippines.
  • アクセス:マクタン・セブ国際空港から8.1キロメートル
  • 電話番号:(032)520 5000

アルバ・ウノホテルをおすすめする4つの理由

ベッドルーム

宿泊費が安い

セブ島でホテルを取ると1人で予約しても2人で予約しても、金額が変わらないホテルが多いです。どうやら部屋あたりで宿泊費を取るシステムのようです。

日本では最少人数はシングルで定員1人のことが多いですが、セブ島ではほとんどの部屋が定員2人以上です。

周辺ホテルよりリーズナブル

日本と違いひとりで予約するには割高なのに加えて、ITパーク周辺は治安と立地のよさから、その他のホテルに比べて高いと感じるかもしれません。その中でも、アルバ・ウノ・ホテルは比較的良心的な価格で宿泊することができます。

1泊あたりの料金は、スタンダード・朝食なしプランで1,441ペソ(約3,054円)でした。1,500ペソ(約3,180円)からのホテルが多いなか、アルバ・ウノ・ホテルの料金設定は安いです。

ちなみに、この料金は2人で利用しても同額ですので、2人で利用した場合は1人1,500円強で済みます。

セブ島観光に便利な立地

デスク

島内観光するにもアルバ・ウノ・ホテルの立地は最適です。セブ島はスペインの植民地だった影響からキリスト教関連のスポットが多く、「サント・ニーニョ教会」や「マゼラン・クロス」などは外せません。アルバ・ウノ・ホテルからタクシーで15分ほどで到着します。

また、ITパークにはレストランやショッピングモールも多く、セブ島に来たら訪れてほしい場所です。ホテルからは歩いて10分ほどでとても便利です。

ITパークに近すぎると、深夜営業のお店が多いため人々の声や大音量の音楽で夜もうるさいです。アルバ・ウノ・ホテルはITパークの外に位置しているため、夜の騒音も気にならないです。

満足できるホテル設備

ボトルウォーター

安くても汚さが目立ったり、アメニティーがなかったりするホテルはおすすめできません。

基本的なアメニティーは全てそろっている

私が実際に宿泊した際は、基本的なアメニティーは全てそろっているという印象でした。シャンプー、リンス、ボディー石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、スリッパ、無料の水2本などがありました。

また、部屋は年季は立っていますが、きれいに清掃されていました。ベッドも広いですし、デスクカウンター、テレビ、エアコン完備です。

私は食事なしのプランで予約しましたが、併設のレストランの食事を注文すると部屋まで持ってきてくれるので便利です。特に宿泊するにあたって用意するものも必要ないので、ひとり旅に十分な設備です。

ドライヤーを利用したい場合

唯一、ドライヤーがなく困りましたが、受付に問い合わせたところ、貸りることができました。セブ島は暑いので自然乾燥でもよいですが、気になる方は事前に問い合わせておきましょう。私はドライヤーを借りましたが、暑くて髪がすぐ乾いたので実際使いませんでした。

エアコンの音が気になる

日本のエアコンは音が静かなので、セブ島でエアコンを利用するとうるさいと感じるかもしれません。エアコンをつけている間は、「ゴー」というファンを回す音が聞こえます

私の留学中のシェアハウスも同様の音がするので慣れましたが、友人の中には音が気になって眠れないという人もいました。もしも、音に敏感な方は耳栓を用意しておきましょう。

併設のレストランのモーニング

朝食

アルバ・ウノ・ホテルには「L caffe」というカフェがホテル横に併設されています。一番高いメニューで200ペソ(約424円)なので、とても安いです。

ポークチョップやチキンバーベキューなどのグリルメニューから、パスタやスープ、フィリピン料理もあります。

一日中楽しめるメニュー

私が印象に残っているメニューは、「Breakfast all day」のなかのアメリカンブレックファストとオリジナルパンケーキです。L caffeでは朝食メニューが一日中食べられるのですが、ボリュームたっぷりで夜に食べても満足のメニューです。

トーストした分厚い食パンもパンケーキもフワフワでおいしいです。付け合わせは、スクランブルエッグか目玉焼きからひとつと、ベーコン・ハム・ホットドックからひとつ選べます。

ネットも使えるリラックススペース

カフェはフリーWi-Fiが使用可能なので仕事や勉強をしている人もちらほら見かけました。スタッフも気さくに話しかけてくれるので、ひとりでカフェに行っても楽しいです。

まとめ~出費や移動時間が節約できるホテル~

ベッド

セブ島にはたくさんのホテルがありますが、立地、値段、設備を総合的に見て一人旅に最適なところはなかなかありません。安いだけで設備が悪かったり、新しくてきれいだけど不便な場所にあったり。

一人旅での初めてのセブには、できるだけ出費や移動を少なくして観光名所を楽しんでいただきたいです。そんな条件に、私も宿泊した経験からこのホテルは合うと思います。